病院の日その2(てんかん、認知症、脳の異常?)

病院の日その1の続きです。
 
【てんかん】
 
お昼頃の朦朧感・ふらつきが酷いので
1/3〜1/14まで朝のコンセーブを減らし
朝12.5mg・夜25mgにしてみました。
 
痙攣はありませんでしたが
目(頭)だけキョロキョロする部分発作が
何度か見られるようになり
1/15からまた25mg・25mgに戻しました。
 
 
この6週間のジェンの変化はとても大きく
特に1月半ば以降は目まぐるしい変わり様です。
 
(1)視力
 
動いているものはなんとなく見えているようですが
静止物(特に色の薄いもの)はほとんど見えず、
壁に体や顔をぶつけながら歩くようになりました。
 
サークルの入り口がわからず
なかなかうまく出入りできません。
 
水の器の位置がわからず、
鼻先で探って器や水に接触できれば飲みますが
少し位置がずれて接触できなければ諦めてしまいます。
 
視力の低下は一気に、
感覚的には1週間ほどで
急激に悪化した感じを受けました。
 
(2)嗅覚
 
最後まで残ると言われている嗅覚ですが
これも急激に衰えました。
 
鼻にくっつけるぐらい近づけたもののにおいは分かりますが
少し離れるともう分からなくなります。
台所からサークル内の食台まで
鼻先にお茶碗をくっつけて誘導しているのですが
鼻から10cm離れるともう追えなくなり
違う方向へ行ってしまいます。
 
コンセーブ団子やご褒美も
これまではお皿に入れて床に置くと
見えなくてもにおいで探り当てて食べていましたが
今は目の前に置いても探せないことがあります。
 
(3)意思の疎通
 
日中、意思の疎通が取れない時間が増えてきました。
家族が見えず、声が聞こえず、認識できません。
 

  
(4)ふらつき
 
意思の疎通が取れない時間帯はふらつきもひどく
ヨタヨタ歩きベッドに倒れこみます。
 

 
(5)部分発作のような症状がよく見られるようになりました。
(目のキョロキョロ、口のくちゃくちゃなど)
 

 
(6)今まで見たことない神経症状が現れました。
顔がふぅ〜と右に(左に)流れて行っては
正面に戻りまた流れるの繰り返し症状。
 
 
(7)旋回
 
頻度が増え、最近夜間にも出るようになりました。
そこそこ落ち着いている時はこういう感じ↓ですが
 
 
パニック旋回になるともっともっと速いスピードで
激しく小回りに旋回し
壁や物で顔を強打してしまいます。
それでも止まりません。
 
パニック旋回になる原因はいくつかあるのだと思います。
今の所把握できているのは
水を飲んだ後とトイレでちっちした後。
両方とも少し興奮状態になるようで
直後にパニック旋回が始まります。
それ以外の時も、脳を興奮させてしまうような
何かしらの原因があるのでしょうね。
 
散歩の時にもまっすぐ進めず
ひたすら右に進もうとする時、
ひたすら左に進もうとする時があり、
それがひどくなると
ひたすら右旋回、左旋回となってしまいます。
日によって全く普通の時もあり・・^^;
 
(8)睡眠時の眼振
 
以前書きましたが睡眠時の眼振が時々ありました。
寝ている時にマロが痙攣しているので
何事かと観察していると
まぶたがうっすら開いて目が左右に揺れているので分かります。
 
以前の動画です↓
 
 
睡眠時の眼振は気にしなくていいと言われていましたが
最近はほぼ毎日と言っていいほどの頻度で
ちょっと心配になってきました。
 
(9)おしっこの回数
 
少し前まで1日5回していたのが
今は3回がやっと。
特に昼間の異国タイムには全くしなくなりました。
 
(10)後ろ足の筋力低下
 
以前から問題視はしていましたが
ここ数日の衰えはひどく・・。
踏ん張り体制では腰が落ちてしまいます。
 
 
などなど、多くの変化があり、
老化というにはあまりにも短期間に進行し、
特に脳神経系らしき症状が増えてきて
脳に問題があるのかも・・と思い始めました。
 
先生にいくつか動画を見ていただいたところ、
MRIを撮って何か見つかる可能性が70%、
何も見つからない(=てんかん・認知症)可能性が30%
という診立てでした。
 
MRIを撮らずに何かできることがありますかと質問すると
ステロイドは脳梗塞以外の症状で
プラスに働く場合が多いので、
ステロイドを試して症状の変化を見るのも
1つの方法だということでした。
 
ステロイドは炎症を抑え浮腫を取ってくれるので
脳圧が上がっている時にも有効で
脳炎だと第一選択薬になるそうです。
 
MRIを撮るメリットとしては
病気の断定ができること、
そして最も適した薬を使うことができること。

脳の病気は、治すことは難しく
(手術もあまり行われません)
薬でコントロールできるものはコントロールする、
コントロールできないものは
過酷な症状を少しでも和らげてあげる
という対処になります。
 
 
家に帰り夫と相談するもやはりなかなか踏み切れず。。
しかし、この日の夜中が今までにないひどい状態で、
これはまずいかも・・と思い、
思い切ってMRIを撮る決心をしました。
 
日曜日、相談に行き、
 
◯ 麻酔に対して大丈夫かどうか?
 
過去3度全身麻酔をしているのでアレルギーは大丈夫。
心音はいたってクリアで心臓も大丈夫。
血液検査も問題なし。
 
◯ 検査項目は
 
・脳のMRI
・CT
(根尖膿瘍の箇所の特定)
(去年3月の鼻血事件の確認)
・MRIで脳炎など判明した場合
脳脊髄液の採取
  
◯ 根尖膿瘍の抜歯も同時にできるか?
 
処置自体は撮影してくれる病院に相談だが
MRIの麻酔量だけでは無理。
もし脳に何か見つかった場合は
麻酔を追加するのはよくない。
ということで、年齢的な心配もあり抜歯は見送り
MRIとCTに必要な麻酔量だけでしてもらうことにしました。
 
など詳細を確認し、予約をしてもらいました。
(すぐ近くの別の病院で、4年前にも撮ってもらったところです)
 
翌日、月曜日にMRIを撮りました。
そして、なんと、何もありませんでした!!!
 
私の中では95%何かあるという覚悟でしたので
信じられない感じでした。
 
脳炎とか脳腫瘍とかそういう病気はなく。。
ただ、脳の萎縮がだいぶ進んでいるとのこと。
4年前の画像と比べて見せていただき
確かに違いがありました。
 
老化によるものだそうですが、
てんかん持ちのジェンは、何度も全身の痙攣発作を起こしているし、
部分発作や異常行動発作は毎日のように起こしているので、
もしかしたら普通のワンコより萎縮が早いのかもしれません。
 
なので、ジェンの今のいろんな異変は
てんかん+老化+認知症のミックスということになりました。
 
今後、脳神経系っぽい症状を見ても
脳炎かな・・とかいちいち不安にならなくてもいいのが
何より気が楽です^^
 
でもジェン自身は
そういう症状が出ている間、
何かおかしいけど自分でどうしたらいいのかわからず
困っている、という感じに見えるので
(その間、意思の疎通はとれません)
なんとか症状を抑えてあげたいなぁと思うのです。
今のところはコンセーブを増減して
変化を見るぐらいしか方法がありません。
 
その他の異変に対しては
居住環境を整える、ケアの仕方を変えるなど
もっともっと工夫をしていかなければなりません。
 
夜間の睡眠も相変わらず途切れ途切れ。
せめて3時間まとめて寝させてあげたいなぁと。
お薬以外の方法があればいいのですが・・。
 
課題は山積みです^^;
ジェンちゃんのこれからの生活が
少しでも楽に、平和に、こころ穏やかになるよう
できる限りのことをしていくつもりです^^
 
ジェンちゃん
よく頑張ってくれてありがとう♪
ちゃんと目を覚ましてくれてありがとう♪
まだまだ一緒に暮らそうね!
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

Commented by 栗ママ at 2019-02-21 16:36 x
ジェンちゃん、ママさん検査お疲れ様でした
ドキドキの一日でしたね
そして検査の決断もあっぱれです。私なら迷って、迷って後手後手になっちゃうかな・・・・
とにもかくにも大変な病気がなくて一安心ですね
そうそう、新たに起きる症状が起きるたびに心配になって
その心配がきっとわんこにも伝わってるから、
ケアも一つずつ考えていくのは大変だけどママさんのことだから素敵なアイディアが出てくると思います
ジェンちゃんにぴったんこのケアが見つかるといいですね
応援してま~す


Commented by abby-zack at 2019-02-21 18:44
こんばんは。

いろいろあったんですね。心労が多かったですね。
MRIで何もなかったこと、何よりです。
犬の時間は人間の時間より早く進むから、ジェンさんの変化も一気に来た感じがします。
ジェンさんが穏やかに過ごせますように、応援しています。
Commented by asuka_maru at 2019-02-21 19:54
こんばんは! MRI よく決心されましたね。
そして 何も見つからず 良かったですね。
そう、よかったですよ。心底 そう思います。

ジェンちゃん すごく頑張っているなぁ 
特に ふらつきの動画は 途中
「なんで、こんなに段差があるねん」とツッコミを入れてしまいましたよ
きっと 倒れたときのけが防止なんでしょうね。
それをものともせずに踏み越えていくジェンちゃん
えらいぞ~~と声をかけたくらいです。

目の下のけが 膿瘍とか言うのは どうだったのですか?
近くのワンちゃんで やっぱり口の中が膿んで 表面まで穴が開いてしまった子がいるのですが
思い出しても ジェンちゃんと全然違う感じでした。
ケアをとても嫌がる子で口の中は ボロボロ
お耳もベタベタでどこか痛いのか分からないけど
とても嫌がっていて 食事もとれなかったと記憶しています。

大和も歯石が溜まってしまい 一時歯茎から血が出るほどになってしまい
それからですが 一生懸命歯磨きしました。
歯石を取るのは無理ですが 歯茎をマッサージする感じで
続けたら 死ぬまで歯を守ることが出来ました。

ジェンちゃんは どちらを下にして寝るのが好きですか?
大和は左側でした。
褥瘡にならないように 色々工夫しました。
目の下のケガ そちら側を下にすることが多ければ
やはり 褥瘡の始まりかもしれません。

褥瘡なら 良かれと思って敷いてあげるタオルや毛布でも悪化する場合があるそうです。
プチプチを敷いてあげたという人もいました。
私は あの、グミみたいなやつを購入しようと思っていました。

位置は違いますが やっぱり目のそばに プチっとできものが出来てしまった時
目薬の軟膏みたいのを処方されたことがあります。
目に入っても大丈夫なのだそうです。

ステロイドを飲んでいると 傷の治りは遅くなります。

本当に ジェンちゃん 頑張り屋さんで 
ママさんも 頑張り屋さんで
似たもの親子だわ



Commented by じじセシ at 2019-02-21 21:21 x
ジェンちゃん!お帰り!戻ってきて良かった。
よく頑張ったね、えらいぞ!!
hamasumiさんも旦那さんもお疲れ様。
精神的にかなり疲れたと思います。
今年入って少しずつ体調が悪かったのは知っていましたが、
今日のブログで改めて変化を追っていくとかなりしんどい状況だったんですね。

この年齢でてんかん発作持ちの子に全身麻酔・・・かなり苦しい決断だったと思います。
私たちも1年前じじに全身麻酔をかける時、ほんとにほんとに悩みましたので、
ご家族がどんなにつらい気持ちでMRIを受けようと決断したのかすごく分かります。
決定的な原因はなかったかもしれませんが、悪いものが見つからなくて良かったですね。
hamasumiさんも旦那さんもジェンちゃんのために最大限力を尽くしてると思います!
あんまり気を張り詰めすぎて体調だけは崩さないようにしてくださいね。

今はジェンちゃんの様子は落ち着いてますか?麻酔の後遺症もなく大丈夫かな?
なんだかじじの事のようで無駄にいろんなことを心配してしまいます。
もう二日経ってるけど全身麻酔はかなり体力を使ったと思うので、
今はゆっくり休んで、早くお父さんの手を必死で追いかける
ジェンちゃんの姿を楽しみにしています(*^^*)
Commented by peko-nanamama at 2019-02-22 02:37
大にも前提疾患の症状が出たことがありました。
うちの場合はすでに全身麻痺の状態が首まで進んでいたので眼振しかなかったのですがそれでも見ているのが辛かったです。
MRIで悩に異状が無く検査も頑張ったジェンちゃんと優しい時間を過ごせるようママさんも身体に気をつけてくださいね。
Commented by hamasumi-life at 2019-02-22 17:36
> 栗ママさん
 
最後まで迷ってたのですが、迷いがふっとぶ具合の悪さを
目の当たりにして決断しました^^;
脳の大きな病気ではなく、本当に本当にホッとしました。
栗ママさんも一緒だと思いますが、
てんかんとの長い付き合いの中で様々なパターンの脳神経症状を
目にしてきたのに、今になって見たことない症状が現れる!
これほんと焦ります。
今後はそうなっても安心して(?)見守ってあげられるし
大丈夫だよ〜とリラックスして声をかけてあげられそうです^^
 
ケアに関してはママさんのお知恵をお借りしつつ
引き続き工夫を積み重ねていきます^^
よろしくお願いしますね(笑)
Commented by hamasumi-life at 2019-02-22 17:45
> abby-zackさん
 
なんだか一気にきたんです^^;
「えぇー、なんでこんな急に!?」ということが次から次へと起こり
不安が絶えませんでしたね。
でも何も見つからず、心底安心しました^^
 
ジェンちゃんの進むスピードは他のわんちゃんたちより
もしかするとちょっと速いのかもしれません。
でもまだまだ元気ですよ♪
日中以外は普通のジェンちゃんで、
鳥小屋遊びも強奪トレも毎日楽しそうにしています(笑)
今の生活が少しでも長く続くように、また色々と工夫していきたいと思ってます^^
応援ありがとうございます!
Commented by hamasumi-life at 2019-02-22 18:09
> asuka_maruさん
 
あれだけいろんな神経症状が出ているのに
何も見つからなかったジェンちゃんに
思わずその場で「すごいね!!」と叫んでしまいました(笑)
 
ふらつき動画は日中の意識がとんでいる感じの時です。
こういう時は目の前になにがあろうが、つまづいて転ぼうが
ひたすら進むジェンちゃんです^^;
段差はですね・・リビングとサンルームの間の桟がなんと斜めで(汗)
そこを踏んでしまうと一気に転がり落ちるので
いろんなものを使ってカバーしているためです。
もうちょっと滑らかなカバーになるよう考え中(笑)
 
飛鳥丸くんのご近所のそのワンちゃんは、まさに根尖膿瘍の説明にぴったりですね!
ジェンはそんな感じではないです。ただの接触傷かも?
CTでは右の第四臼歯の根の先に少しスペースができている
(たぶん膿んでいる)とのことでしたがはっきりしない感じでした。
 
ジェンも抜歯せずに済むよう、歯茎マッサージ頑張ってみます!
 
ジェンは右を下にして寝ることが多いのですが
褥瘡ではないような気がします。
というのも、睡眠が続かないのが今の一番の問題ですので^^;
長くても2時間に1回は起き出します^^;
 
でも敷いているもので傷が悪化するというのは見落としてました。
たしかにそうかも!!
ごわごわしたバスタオルはよくなさそうですね(汗)
ありがとうございます。見直してみます。
 
フィトセラピー講座で作った軟膏を塗って
オリーブリーフのチンキを飲んで様子を見ています。
このまま良くなってくれるといいな♪
 
いつもいつもたくさん教えていただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
今後もどうかよろしくお願いします^^
Commented by hamasumi-life at 2019-02-22 18:20
> じじセシさん
 
ありがとうございます。
自分でも怖すぎて、事前にMRI受けます!と書けませんでした^^;
 
ジェンちゃんは、一週間ぐらい具合悪くなるかな?と思っていましたが
当日こそぼーっとしてひたすら眠ったものの、翌日はとても調子よく^^。
麻酔で睡眠が十分に取れたのが良かったのかも。
なにしろこの4ヶ月、2時間以上続く睡眠がとれてなかったので。
後は、毎日飲んでいるハーブにデトックス効果が高いものが
かなり入っているのも効果あったのかもしれません。
精神的にも特に不機嫌になることもなくいつも通りで、安心しました^^
 
じじちゃんと一緒にこの先まだまだ元気でいられるように、
頑張っていきたいと思います!
Commented by hamasumi-life at 2019-02-22 18:30
> peko-nanamamaさん
 
前庭疾患も怖いですね。。
ジェンの眼振を見るたびに前庭疾患が頭をよぎるのですが
起きている時に起こらなければ気にしなくていいと言われ。。
でも目にする度にとても心配でした^^;
 
今後はこういう症状に対して不安を感じずに
ジェンちゃんに接することができます^^
まだこの先いろんなことが出てきますが
少しでも安心して工夫して楽しくつきあっていけたらいいなと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hamasumi-life | 2019-02-20 23:07 | ジェンの病気・病院 | Comments(10)