血液検査の結果と嘔吐のその後

今日はリハビリデーで病院へ行ったので、
先週の診察の時に、外注検査に出してもらった
血液検査の結果をもらってきました。
 
f0369014_13412250.png
 
特に大きな変化もなく一安心。
まぁ、前回から2ヶ月しか経ってないですしね^^;
 
いつもの胆嚢3項目で見ると
 
f0369014_13413399.png
f0369014_13414277.png
 
ALTはまたしても基準値内をキープしていました^^
が、右肩上がりなのが嫌な感じですねぇ・・
 
ALP、GGTともに先月よりさらに下がっていました^^
来月は基準値内か!?と期待させて
なかなかしぶといALPです(笑)
 
ALTがこれ以上上がりませんように。
ALP、GGTがもっと下がりますように。
 
 
それと、1年ぶりに甲状腺ホルモンの検査。
 
T4: 1.1 (1.0〜4.0)
FT4: 17.1 (7.7〜47.6)
c-TSH: 0.35 (0.05〜0.42)
 
大丈夫でした!
今起こっている症状のいくつかは
甲状腺ホルモンの低下によるものかも・・
と思っていたので、これもホッとしました♪
 
 
嘔吐はセレニアを飲み始めてから起こっていません。
でも、嘔吐を起こした時間帯=
よるごはんを食べた30分後〜1時間ぐらいの間に
毎日パニック旋回は出ています。
 
これって1ヶ月ほど前からずっと続いてたんですよね。
毎日17時過ぎになると
ベッドで寝ていたのに突然起き上がり
吠えて、パニック旋回。
 
なんで毎日この時間なのか
疑問には思っていましたが、
まぁいつものただのパニック旋回だろう
と考えていました。
 
でももしかすると、
胃腸が動き始め
→嘔吐中枢が刺激され
→気持ち悪くてパニック旋回
なのかもしれません。
 
そう考えると、同じように
毎日吠えてパニック旋回を起こす22時頃も
21時ごろに食べるヨーグルトの影響かも。
 
あくまで素人の推測ですけどね^^;
 
そして、セレニアは
嘔吐中枢が刺激されても
実際に嘔吐を起こさないのが役割で、
胃腸の動きによる嘔吐中枢への刺激は
変わらずにあるために
吠えたりパニック旋回が出たりしている
ように思えます。
 
だから、この時間帯と
どのようにうまく付き合っていくかを
工夫する必要があると思いました。
 
脳の萎縮による神経異常は
この先、治るものではないですからね。
 
セレニアは今日追加で処方してもらいました。
2日に1度にして、飲まない日にどういう症状が出るか
観察することになりました。
 
よく効くお薬らしいので
うまく行けば飲む頻度を減らしたり
量を減らしたりできるそうです^^
 
本当に吐くことが必要な緊急時に
ちゃんと吐けるぐらいの
お薬の量になるといいなと思います。
 
それから、これはセレニアと
関係あるかどうか分かりませんが、
ごはんを半分ほど食べた頃に
パニック旋回になっていた症状はなくなりました!
 
今は、こんな風に食べにくい場所にだけ
食べ残しがある状態です(笑)
 
f0369014_15181750.jpg
 
この残りを食べるのが
お散歩から帰ってきての日々の楽しみです^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

Commented by shiba_yama2 at 2019-04-18 19:55
こんにちは♪

>>この残りを食べるのが
お散歩から帰ってきての日々の楽しみです^^
なんかいいですね。
若い頃は、食い貯めかと思うほどガッツキますが、
年を重ねて心に余裕が出てくる感じで。

そして、やはり楽しみは必要だと思います。
体にいいか悪いかということもあるけれど、
少しのスイーツが心の癒しだったりしますからね^^
Commented by hamasumi-life at 2019-04-19 18:01
> shiba_yama2さん
 
確かに一見、のんびり心に余裕が出てきたように見えますが(笑)
ジェンちゃん本人としては
「ふぅ〜!全部食べた!」
と思って散歩に出て、帰ってきたら
「あっ、またごはんだっ!わーい!」
って感じだと思います(爆)
 
ま、過程はともあれ、楽しんでくれたらそれが一番♪
おやつもトッピングも、最近新しいものをちょこちょこあげてます^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hamasumi-life | 2019-04-18 17:00 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)