病院へ

昨夜、下痢が止まらず病院の夜間診療に駆け込みました。
 
そこに至るまでに、
この一週間ずっと飲食問題と格闘してまして・・^^;
 
詳しい記事にまとめておこうと思ったのですが
今は手が回らないので簡単に経緯を書きます。
 
野菜と肉魚のスープをかけたつゆだくフードを食べなくなり
(たぶん舌の機能が衰えて上手に掬えなくなったせいだと思う)
ドライのままのフードを口元に持っていくと食べられた、
というところまで先日書いていました。
 
その後2、3日でフードを食べなくなってしまいました(困)。
そこで仕方なく、いきなりですが、
小さく切ったお肉や魚を焼いて食事にしました。
神経症状の調子が良い時(意識がしっかりしている時)は
ばくばく7割ほど食べ、残りもしばらくして完食します。
調子が悪い時(左に左に傾いてしまう時)は
全く食べれません。
 
口・舌の機能も問題で、
ミンチぐらい細かいと食べれない(掬えない)し
1cm角より大きくても口の中で困ってしまうみたいで吐き出します。
ボーロぐらいの大きさがいいみたいです。
固くてもダメみたい^^;
お肉そのものよりはミンチにしたものが食べやすいようで
鶏肉をミンチにしてボーロ大にして茹でたりしました。
 
魚と野菜と煮込んだどろっとしたレトルトフードや
生の馬肉など、粘るものもうまく食べられませんでした。
 
そんなこんな悪戦苦闘しながら、
体重は減少しつつも、なんとか食べさせていました。
 
お水は自分で飲みに行くだけでは足りないので
介護講座で習った方法で
目を覚ますたびにあげていました。
 
f0369014_13254982.jpg
 
甘酒水、ヨーグルト水、鶏のゆで汁なども
飲ませようとしましたが
うまく飲める時と全く飲めない時があり
(お皿もあれこれ変えたり、シリンジ使ったり^^;)
なかなか十分な水分量が摂れません。
 
6/12(水)診察予約日で病院へ。
脳萎縮が進んでいることによる神経症状ということで
やはりステロイドを試してみることになりました。
効かない可能性も大ですが。。
 
その日の夜23時半ごろに
寝ているジェンちゃんのお腹が
今まで聞いたことないような大合唱をし始めました(汗)
しかし本人は気にすることなく寝ています。
 
粉系のサプリを飲ませる手段を探していて
病院で犬用のちゅーるを買い
夜飲ませたせいかなと思いました。
 
その頃、食べたり食べなかったりでうんPも不規則でした。
翌朝(木曜日)もお腹はすごい音を立てていますがうんPは出ず。
午前中に鍼灸治療を受けた直後
胃腸が動き出し、大量の下痢をしました。
どろっとした粘膜のようなものも出ていました。
 
その後、またうんPはお休みに入ったので
お腹は治ったと思っていたら
土曜日の朝、同じような下痢をしました。
 
ちゅーるではなく、急に変えた食事のせいかと思い当たり
試しにフードをあげてみると食べたので
おなかが落ち着くまでフードに戻すことにしました。
 
土曜の夜、日曜の朝とうんPなし。
日曜日の15時ごろにこれまでと同じような
固形+どろっと粘膜+水状の下痢、
17時に水状の下痢を少し、
19時に大量の水便。
 
夕食は食べなかったし、ぐったりしてきたので、
このままでは脱水を起こしてしまうかもと
病院に電話し夜間診療に連れて行くことに。
 
車中のサークルでうんPまみれになっては大変なので
頂き物のオムツを慌ててつけたら
その瞬間に4回目の下痢。
付け替えて病院へ行きました。
 
胆嚢からの影響も考えられるので
胆嚢と胃腸のエコーをしたところ、
特に胆嚢の方は問題なく
大腸の壁が一部厚くなっているように見えるので
急性の大腸炎でしょうということでした。
 
脱水を防ぐために点滴をしてもらって
大腸の炎症をとる薬と
腸内環境を整える抗生物質をもらって帰りました。
 
水曜日から初めて飲み始めたステロイドの影響もあるのかな?
と思っていましたが、ステロイドはどちらかと言うと
胃の方にくるようです(胃が荒れる)。
 
なのでステロイドは飲みつつ、腸のお薬を飲んで
あとは時間が解決するのを待つみたい^^;
 
帰宅してうんPまみれの部屋を片付け
ストレスで大暴れするジェンちゃんを寝かしつけ
夕食にありついたのが22時半、
ジェンちゃんが落ち着かず、お風呂は入れませんでした >_<
 
夜中、何度か少量を下痢をしたのでオムツを交換。
ジェンちゃんもお腹が痛いのか何度もパニックになり
大変な夜でした。
 
今日はまだ葛湯とお水しかあげていません。
お水をあげるたびに、お腹がキューっグルグルと鳴って
ジェンちゃんもがきます(泣)
もがいて、もがいて、疲れて眠る
その繰り返しです。
 
夕食はフードを少なめにあげてみようと思います。。
8.3kgの体重が、昨日で7.6kg、
今日はもっと減っているでしょうね・・。
早くお腹が治って食べられるようになりますように。
 
昨日の午後から夫出張中 >_<
今週どうやって乗り切ろう?????
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

# by hamasumi-life | 2019-06-17 15:53 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

お灸中

鍼灸治療2回目^^
 
百会にお灸中
可愛い〜♪
 
f0369014_22302423.jpg
 
こんなにたくさん乗っていても
おとなしいなんて
信じられません!
 
f0369014_22305115.jpg
 
気持ちいいんだねぇ♪
 
まっ、眠いのもあるかな。
ほぼ徹夜で大運動会してたから^^;
 
先週初めて先生が来た時は
最初におやつをもらってガツガツ食べ
いい子とナデナデしてもらっておきながら
5分ほど経っていきなり
「なにやつ!?」
と警戒吠えし始めました(爆)
 
今週は首をあげてキョロキョロ
「だ〜れ?」
ぐらいのネムネムモード^^;
 
最後まで吠えることなく
ウツラウツラしてました〜^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

# by hamasumi-life | 2019-06-14 22:52 | ジェンの日常 | Comments(6)

ジェンちゃん、調子のいい時は一人で歩けますが、
眼振がひどい時や興奮時は
バランスが取れないようで、左に傾き
少し歩いては倒れ、立ち上がろうともがき、
立たせてあげるとまた歩いて倒れる・・
の繰り返しとなります^^;
 
以前から、主治医やリハビリの先生にも
勧められてきた車椅子、
講座の時、歩行補助以外にも
いろいろ役立つことを知りました。
 
ほぼジェンちゃんサイズの車椅子を
寺井先生が持っていたので
車椅子のお試し介護カウンセリングをお願いしました。
 
初めて車椅子に乗ったジェンちゃん。
後ろ足が斜めってます(笑)
左側にタオルを挟んでいるのは
体が左に傾いてしまうからです。
 
f0369014_22264307.jpg
 
この車椅子はリードがついています。
少し歩いてみましょう。
 
f0369014_22272932.jpg
 
ゆっくりゆっくりだと後ろ足が
すぐにナックリングしてしまいます^^;
 
f0369014_22275570.jpg
 
スピードを少し上げると
上手に足を使って歩けるようになりました^^
 
f0369014_22290237.jpg
 
この後、自力で歩いたりもしてました♪
 
歩きたい歩きたいモードになっているけど
自分ではうまく歩けない時にいいですね。
 
お水を飲んだりご飯を食べる時は
調子がよく落ち着いていれば
こんな風↓にきれいな姿勢で
自力で飲食できるのですが
 
f0369014_22325953.jpg
 
まっすぐ立てず軟体動物状に
ふにゃふにゃなことも多く^^;
これまでは毎回
体全体を支えていなければいけませんでした。
同時に、ごはんが上手に食べられないので
食器の中のごはんをスプーンで寄せる必要もあり、
一人だと体勢辛すぎ(笑)
 
車椅子に乗せると、
私たちは車椅子のフレームだけ支えればいいし
(タイヤにストッパーが付いているといいなぁ)
ジェンちゃんも体がちゃんと立つので食べやすそうです。
ただ、車椅子に乗せられてごはんを食べるという行為は
とても嫌みたいです^^;
全て自分でなんとかしたいタイプ(笑)
慣れてくれるといいんですけどね。
もしくは、ちゃんと自立できるようになるといいんですけどね。
 
食事前の大運動会と、食事とで体力を消耗してしまい、
油断するとすぐベッドに倒れこみます。
講座でも食後15分ほどは起きておくよう習いました。
(誤嚥を防ぐため)
車椅子だとそのまま15分立った姿勢でいられるので
それもとても便利だと感じました。
 
あと、手が離せない時。
これは夜のヨーグルト後で
ジェンちゃんは今すぐベッドに倒れこみたい(笑)
でも布団を敷かなければいけないので
いつもはなんとかテーブル周りを歩かせながら
慌てて用意する必要がありました。
 
昨夜、この時車椅子に乗せてみると
じーっと立ってうつらうつらしてました(笑)
顎乗せバーやクッション付きのオプションもあるらしいので
それだとそのまま仮眠できますね。
 
f0369014_22313335.jpg
 
いろんな用途で使えそうだと分かりました^^
 
車椅子はオーダーメイドで
メーカーはこの2つ。
ポチの車イス(厚木)
わんうぉーく(千葉)
 
わんうぉーくの方が重めのフレームで
ジェンちゃんのようにふらふらが激しい子は
その方がしっかり支えられていいみたいです。
 
それと、わんうぉーくは自宅で採寸して
そのデータで作ってもらえるので
ジェンちゃんのように車で
長距離移動できない子にはいいみたい。
 
うちもわんうぉーくさんにお願いすることになりそうです。
 
寺井先生のこの車椅子はポチさんのです。
一時的にお借りすることができたので
使い方を研究してみようと思います^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!
 

# by hamasumi-life | 2019-06-12 11:48 | ジェンの日常 | Comments(10)

ブログに書き忘れていましたが
先月から「シニアドッグ介護習得コース」
という講座に通い始めました。
 
以前、介護カウンセリングをしていただいた
ハーバルケアをされているミア・ファミリアの猪野先生と
共に運営しているドッグライブラリー協会の講座です。
 
犬の介護士になるための講座なので
介護の知識・技術以外にも
介護士としての心構えやノウハウなどの話も含みます。
 
今のところはジェンちゃんの介護をどうするかしか
頭にありませんが、近くで通える介護講座が見つからず
こちらを受講させていただくことになりました。
 
5月に行われた1回目では
シニアドッグの心と体の変化、
シニアドッグの介護とはどういうものか、
住環境の整え方
を勉強しました。
 
犬の介護本も増えてきましたが
たいていは人側から見た介護であるのに対して、
寺井先生の講座は「犬側から見る・感じる介護」
なのだと感じました。
 
日々訪問介護をされてきた中で
どうすれば犬が嬉しいと感じる介護ができるのか
先生が考えられたお話がぎっしりです^^
 
先生お手製の「白内障メガネ」をかけて
ジェンちゃんの見ている世界も体験しましたよ!
ほんとにぼんやりとしか見えず
歩くのも怖かったです^^;
 
先週土曜日に2回目がありました。
この日はいよいよ具体的な介護技術習得。
食事、水分補給の補助、抱きかかえ方、
寝返りのさせ方、歩行補助、排泄補助など。
 
ジェンちゃんの具合が悪くなって5日間
手探りで切羽詰まってやっていた時だったので、
講座が一週間早かったら!と思いました(笑)
今まさに必要なことをたくさん勉強できました^^
 
7月、8月と全4回のコースです。
ジェンちゃんにとって少しでも快適な介護ができるように
がんばりたいと思います。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!


# by hamasumi-life | 2019-06-11 19:45 | ジェンの日常 | Comments(6)

前庭疾患っぽい

症状は良くならず、むしろ悪化していきました。
2月以降ずっと出ているこの症状、
やっぱり前庭疾患っぽいですね。
 
 
症状は
 
*ひどい眼振
 
*うまく立ち上がれずバタバタ回転する
 
 
回転しているうちにめまいがもっと酷くなるのか
全身打撲状態で激しく転げ回ってしまうので
なるべく早く立たせてあげる介助が必要。
 
昼夜問わず一日中そうなりますが
特に食事の前後が興奮のためか激しいです(汗)
朝食後、眼振がひどくひっぱられ中↓
 
f0369014_12313224.jpg
 

 
 
*まっすぐ歩けない
 
f0369014_12333060.jpg
 
立たせた後、左にのけぞってまっすぐ歩けません。
でも、左半身を壁やテーブルのヨガマットに
沿わせるようにしてぐるぐる歩かせると
めまいも少しおさまるようで、
歩き方も良くなるし
パンティングも控えめになることが分かりました。
 
とは言え、放っておくと
すぐに行き倒れるし^^;
 
f0369014_12360154.jpg
 
ベッドにたどり着いても
縁に手が当たるとその反動で倒れるし^^;
 
f0369014_12341144.jpg
 
ベッドの上じゃないところで行き倒れると
「起きたい!!」とまたパニックが始まるので、
なるべくキャッチしてバタンと倒れないようにします。
 
キャッチされるとジェンちゃんは快適らしく
そのまま寝ようとすることが!(爆)
動けませんよ〜^^;
 
f0369014_12373590.jpg
 
どうしても目が行き届かない夕食の準備時、
ジェンちゃんもお腹空いてパニック度が増し
それはもう大惨事に。
 
ふと思い出し、昔買ったソフトサークルに
入れてキッチンの入り口においたところ
 
f0369014_14091225.jpg
 
まぁ暴れること!暴れること!
 
f0369014_14103321.jpg
 
暴れすぎて脱糞&失禁したので
この作戦は中止(笑)
 
 
*寝姿勢の変化
 
ここ1年以上
右側が下じゃないと寝れなかったのに、
今は必ず左が下です。
 
そして、頭を高くすると眠りやすいみたいです^^
 
f0369014_11272233.jpg
 
網戸ブロックにしているクッションに
顎を乗せて寝ていたり
 
f0369014_11264729.jpg
 
昼間は畳んでおいている私のマットレスに
頭を乗せて寝ていたので
 
f0369014_11282889.jpg
 
古い敷きパッドを丸めて
少し高い部分を作ってあげました。
  
f0369014_12345250.jpg
 
顎乗せマットレスがなくなる夜でも
この敷きパッドロールに
体や頭を乗せて寝ることができます^^
 
f0369014_12353349.jpg
 
パニックゴロゴロ回転がどうしても止まらない時は
ワンワンを頭の下の差し込むと落ち着くこともあります。
不思議ですね。
 
f0369014_11274024.jpg
 
横向きより伏せの姿勢の方が
眠りが続きやすいことも分かりました。
伏せの方がめまいが少ないのかな?
自分で常に伏せの体勢になってくれるといいのですが
なかなかそううまくいかないのが問題です^^;
 
f0369014_12364014.jpg
 
 
ベッド周りは、パニックゴロゴロで転がり落ちるため
手持ちのベッドやクッション総動員で囲っていました。
 
f0369014_11301775.jpg
 
最初はこれでそこそこ上手くいっていたのですが
(こぼれてもクッションが受け止めてくれる^^)
 
f0369014_11323313.jpg
 
水曜日ぐらいからパニックグルグルの勢いで
囲っているものの外に飛び出すようになり(汗)
危ないし、どうも嫌がっている感じだったので
結局元に戻しました。
 

*食事がうまく食べられない
 
前庭疾患といえば
常に船酔い状態、気持ち悪くて食べられなかったり
嘔吐すると聞きますが・・・
 
ジェンちゃんはまず足が踏ん張れないのが問題でした。
へたり込んだので下においてあげたり
 
f0369014_09211540.jpg
 
まっすぐ立っていられないので
左をサポートしてあげたり
(トイレシーツでww)
 
f0369014_09221542.jpg
 
f0369014_09222541.jpg
 
お腹の下にクッションをおいたりしてみました。
 
f0369014_10453783.jpg
 
これで食べられるだろうと思ったら
ごはんには口をつけるかつけないかで
やめてしまいます(汗)
 
f0369014_09233687.jpg
 
何も食べられないと大変なので
お肉や魚だけ手ですくって口元に差し出すと
ガツガツ食べます(笑)
とりあえず食欲はあるようです^^
 
カロリーが足りないので
白米とササミのおかゆにしてみましたが
これも食べませんでした。
(私のランチにww)
 
f0369014_10514050.jpg
 
これは困った、
魚だけ茹でてあげようかなと考えていた時、
栗ママさんが、前庭疾患になった栗たんが
ママの手作りは食べないけどおやつにしているフードは食べると
言っていたのを思い出し、
フードのみドライであげてみたら
食べました!
(栗ママさん、ありがとうございます!)
 
ただ、手で口先に持っていかないと食べられません。
それも角度が難しい^^;
たぶん鼻ににおいが届かないと
口が開かないのだと思います。
 
とにかく完食してくれたので
しばらくフードのみあげることにしました。
 
その後、自分でお水を飲みに行っているのを見て
 
f0369014_10495456.jpg
 
フードも食台であげてみました。
食台の高さを上げ、
口がフードに当たるように浅いお皿で。
 
朝からジノリで優雅な朝食のジェンちゃん。
大量バラマキ(笑)
 
f0369014_10530432.jpg
 
すぐにフードの場所を見失うため
結局半分以上、手であげました(笑)
 
f0369014_10534803.jpg
 
水分摂取を補うため
食後は同じお皿を使ってササミの茹で汁、
日中もヨーグルト水を飲ませたりします。
自分でお水を飲みに行きますが
うまく飲めないことが多いので
体や顔をサポートしてお水の表面に誘導してあげると
上手に飲めます^^
 
 
こんな感じで

眠る
→起きた瞬間に「目が回る!起きたい!起きれない!」
のパニック回転
→介助して立たせ、眼振が少しマシになるまでホールド
→テーブル周りを歩くのを手伝う
→ベッドに誘導し、寝かしつける
 
を1日中繰り返しているため何もできません(笑)
いつパニックが起こるかも全く予測できないので
2Fに洗濯物を取り込みに行く時も
タブレットでカメラのモニターを見ながら。
お風呂も、タブレットを横目で見ながら
シャワー5分^^;
 
皆様のところにもなかなか伺えずすみません。
 
症状としては2月から起こっていることが
ひどくなった感じで、
突然起こる標準的な前庭疾患とは
違うのだろうと思います。
 
前庭疾患について
アクサダイレクトのこちらの説明が分かりやすかったので
参考までにどうぞ↓
 
これまでもパニック旋回をなんとかしたいと言うと
ステロイドの少量使用を試してみてもいいかも
と主治医に言われていました。
ただ、ジェンの場合は、
炎症が起こっているというよりは
脳萎縮が原因だと思われるので
ステロイドが効くかどうかは分からないそうですが。
 
まだ病院には行っていませんが
行くとたぶんステロイドを・・という
お話になると思います。
 
時間とともに良くなっていくのが
一般的な前庭疾患のようです。
ジェンもそうだといいのだけど。
今のところ、良くなっている感じはありません^^;
夜中も、落ち着いている日もあれば
ほぼ徹夜でバタバタしている日もあり、
波がありますね。
 
今ぐらいの状態がこの先も続くようであれば
ステロイドは試した方が良さそう。
ジェンちゃんの体もこのままだと辛そうです。
 
来週水曜に今月の診察予約が入っているので
それまでひどく悪化しないようなら
様子を見ようと思います。
 
ステロイド以外にできること・・と思い、
鍼灸治療のできる先生に昨日往診していただきました。
 
前庭疾患は、東洋医学的には
「肝の気が上へ上へと上がってしまっている状態」で
「肝」の親である「腎」の生まれ持つ力が
年とともに減ってきているのが原因だそうです。
治療としては、肝の気を抑えることと腎に力を補うこと、
そして全体のめぐりを良くすること。
 
数種類の鍼とお灸をしていただきました。
ジェンちゃん気持ちいいのかウトウト^^
 
家で毎日する棒灸のやり方も教わりました。
 
鍼灸は1回で効果がでるものでもないので
しばらく週1ぐらいで続けていくことになりそうです。
 
 
今週は夫が超多忙で
ほとんど私のワンオペ状態でしたが
来週は少し時間ができそうですので
またブログをアップしていきたいと思います^^
 
前記事までにいただいているコメントのお返事も
遅れていてすみません。
週末の間にしますね。
 
 
〜おまけ〜
 
私がジェンちゃんのベッドを整えていると
なだれ込んできて寄っかかるジェンちゃん^^
 
f0369014_12390239.jpg
 
夫が帰宅。
斜めりながらも熱烈歓迎のジェンちゃん(爆)
 
f0369014_14071528.jpg
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

# by hamasumi-life | 2019-06-07 19:52 | ジェンの病気・病院 | Comments(16)