タグ:検査・健診・予防 ( 36 ) タグの人気記事

病院へ

昨夜、下痢が止まらず病院の夜間診療に駆け込みました。
 
そこに至るまでに、
この一週間ずっと飲食問題と格闘してまして・・^^;
 
詳しい記事にまとめておこうと思ったのですが
今は手が回らないので簡単に経緯を書きます。
 
野菜と肉魚のスープをかけたつゆだくフードを食べなくなり
(たぶん舌の機能が衰えて上手に掬えなくなったせいだと思う)
ドライのままのフードを口元に持っていくと食べられた、
というところまで先日書いていました。
 
その後2、3日でフードを食べなくなってしまいました(困)。
そこで仕方なく、いきなりですが、
小さく切ったお肉や魚を焼いて食事にしました。
神経症状の調子が良い時(意識がしっかりしている時)は
ばくばく7割ほど食べ、残りもしばらくして完食します。
調子が悪い時(左に左に傾いてしまう時)は
全く食べれません。
 
口・舌の機能も問題で、
ミンチぐらい細かいと食べれない(掬えない)し
1cm角より大きくても口の中で困ってしまうみたいで吐き出します。
ボーロぐらいの大きさがいいみたいです。
固くてもダメみたい^^;
お肉そのものよりはミンチにしたものが食べやすいようで
鶏肉をミンチにしてボーロ大にして茹でたりしました。
 
魚と野菜と煮込んだどろっとしたレトルトフードや
生の馬肉など、粘るものもうまく食べられませんでした。
 
そんなこんな悪戦苦闘しながら、
体重は減少しつつも、なんとか食べさせていました。
 
お水は自分で飲みに行くだけでは足りないので
介護講座で習った方法で
目を覚ますたびにあげていました。
 
f0369014_13254982.jpg
 
甘酒水、ヨーグルト水、鶏のゆで汁なども
飲ませようとしましたが
うまく飲める時と全く飲めない時があり
(お皿もあれこれ変えたり、シリンジ使ったり^^;)
なかなか十分な水分量が摂れません。
 
6/12(水)診察予約日で病院へ。
脳萎縮が進んでいることによる神経症状ということで
やはりステロイドを試してみることになりました。
効かない可能性も大ですが。。
 
その日の夜23時半ごろに
寝ているジェンちゃんのお腹が
今まで聞いたことないような大合唱をし始めました(汗)
しかし本人は気にすることなく寝ています。
 
粉系のサプリを飲ませる手段を探していて
病院で犬用のちゅーるを買い
夜飲ませたせいかなと思いました。
 
その頃、食べたり食べなかったりでうんPも不規則でした。
翌朝(木曜日)もお腹はすごい音を立てていますがうんPは出ず。
午前中に鍼灸治療を受けた直後
胃腸が動き出し、大量の下痢をしました。
どろっとした粘膜のようなものも出ていました。
 
その後、またうんPはお休みに入ったので
お腹は治ったと思っていたら
土曜日の朝、同じような下痢をしました。
 
ちゅーるではなく、急に変えた食事のせいかと思い当たり
試しにフードをあげてみると食べたので
おなかが落ち着くまでフードに戻すことにしました。
 
土曜の夜、日曜の朝とうんPなし。
日曜日の15時ごろにこれまでと同じような
固形+どろっと粘膜+水状の下痢、
17時に水状の下痢を少し、
19時に大量の水便。
 
夕食は食べなかったし、ぐったりしてきたので、
このままでは脱水を起こしてしまうかもと
病院に電話し夜間診療に連れて行くことに。
 
車中のサークルでうんPまみれになっては大変なので
頂き物のオムツを慌ててつけたら
その瞬間に4回目の下痢。
付け替えて病院へ行きました。
 
胆嚢からの影響も考えられるので
胆嚢と胃腸のエコーをしたところ、
特に胆嚢の方は問題なく
大腸の壁が一部厚くなっているように見えるので
急性の大腸炎でしょうということでした。
 
脱水を防ぐために点滴をしてもらって
大腸の炎症をとる薬と
腸内環境を整える抗生物質をもらって帰りました。
 
水曜日から初めて飲み始めたステロイドの影響もあるのかな?
と思っていましたが、ステロイドはどちらかと言うと
胃の方にくるようです(胃が荒れる)。
 
なのでステロイドは飲みつつ、腸のお薬を飲んで
あとは時間が解決するのを待つみたい^^;
 
帰宅してうんPまみれの部屋を片付け
ストレスで大暴れするジェンちゃんを寝かしつけ
夕食にありついたのが22時半、
ジェンちゃんが落ち着かず、お風呂は入れませんでした >_<
 
夜中、何度か少量を下痢をしたのでオムツを交換。
ジェンちゃんもお腹が痛いのか何度もパニックになり
大変な夜でした。
 
今日はまだ葛湯とお水しかあげていません。
お水をあげるたびに、お腹がキューっグルグルと鳴って
ジェンちゃんもがきます(泣)
もがいて、もがいて、疲れて眠る
その繰り返しです。
 
夕食はフードを少なめにあげてみようと思います。。
8.3kgの体重が、昨日で7.6kg、
今日はもっと減っているでしょうね・・。
早くお腹が治って食べられるようになりますように。
 
昨日の午後から夫出張中 >_<
今週どうやって乗り切ろう?????
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-06-17 15:53 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

5/10(金)診察日でした。
 
この1ヶ月の神経症状について報告。
 
・セレニアは2日に1度飲んでいる。
 
・嘔吐自体は起こっていないが、
嘔吐を催す時間帯にはパニックになりやすい。
5/1は2時間ひどいパニック発作で白い泡が出た。
 
・セレニアを飲んでいない日の方が
発作が出た回数は多いが
セレニアを飲んだ日でも出ることはある。
 
・ごはん途中止めが再び起こった。
 
・気圧の変化に連動しているようにも見える。
 
・片側へ引っ張られたり、旋回を起こす回数が多かった。
 
・コンセーブ37.5mgだと前足も立たない状態になったので
25mgにすると大丈夫になった。
 
 
セレニアは
  
嘔吐を止める以外に
何らかの鎮静作用があるとも言われているが
実際にはよく分かっていない、
 
長期使用をするとどうなるかも分かっていない、
(効き目が減るかもしれないなど)
 
少量(たとえば0.5錠)で効くのかも分かっていない
 
と、まだ分かっていないことが多いお薬みたいです。
 
なので、毎日飲むのではなく
気圧の変動が激しく、ひどいパニック旋回が
起こる可能性がある時に、飲むことになりました。
 
 
パニック旋回については
神経細胞の保護作用があるステロイドを
肝臓に負担がかからない程度の少量
使ってみるのも1つの方法だそうです。
 
ただ、ステロイドは基本的には炎症を抑えるもの。
脳に炎症が起こっているわけではなく
脳が萎縮してあれこれ神経症状が出ている
ジェンには効果がないかもしれない
とのことでした。
 
パニック旋回が減ったり起こらなくなったりすると
ジェンちゃんのQOLはぐんと良くなるので
試してみてもいいかなと考えています。
その前に他に試したいことがあるので
そちらを先に。。
 
 
その他・・
 
5/9の夜から寝起きに咳が出ていました。
動画を見てもらうと、呼吸器系ではなく
喉の違和感(痰が絡むなど)で出ているみたい。
原因は加齢や歯周病による唾液の粘つきだそうで・・。
 
 
今はもう出なくなりましたが
歯磨き粉をつけて歯磨きをすることで
唾液を出やすくしてあげると良いそうです。
 
ちなみに、何か喉に刺さっている時などは
もっとずっと咳が出て嫌そうにするらしいです。
 
 
もう一つ、耳の先(内側)がザラザラして
少しハゲてきたこと。
古い角質が溜まっているので
シャンプーをつけて洗うよう言われました。
ザラザラしているところの少し下はベタベタしてます。。
 
耳はカモミールティーのタオルで毎朝拭いています。
今朝、夫がいつもより少し力を入れて拭いたら
古い角質はきれいに取れました。
 
 
いつもの胆嚢関連血液検査
 
f0369014_09341075.png
f0369014_09341850.png
 
先月の嫌な予感通りALTはさらに上がり
基準値を少し出てしまいました。
このぐらいの変動は気にする必要がないそうですが。。
 
 
この日は延ばし延ばしになっていたエコーが
やっとできました。
 
胆泥の様子も、肝臓に少し胆石(砂利状)が広がっている様子も
特に大きく変わりありませんでした。
 
 
血圧は安定しています^^
 
f0369014_09340258.png
 
 
あとは
 
フィラリアの検査をして
いつものカルドメックチュアブルを出してもらいました。
ジェンちゃん、今年も美味しいの
毎月食べようね(笑)
 
狂犬病の予防接種は、脳神経症状が出ているため
免除してもらうことになりました。
 
 
待合室と診察室の床が滑るので
靴下を履いてみました。
 
少し前にアマゾンで購入したもので
足裏だけでなく
 
f0369014_10504741.jpg
 
履いているうちに回っても大丈夫なように
表にも滑り止めが付いています^^
 
f0369014_10503983.jpg
 
家で履いてみたときは
 
f0369014_10565295.jpg
 
ジェンちゃんがクルクルすると
靴下はすぐ回ったりずれたり・・
 
f0369014_10574279.jpg
 
1分後には、器用に自分の手で抜いでしまいました(爆)
 
f0369014_10580610.jpg
 
病院にいる間はパニック旋回を起こさないから
靴下いいかも^^と履いてみましたが
 
f0369014_09352887.jpg
 
靴下を履いても滑ってました^^;
さらには「こんなの履いて動けません」と座り込み。
 
f0369014_09360355.jpg
 
可愛いのに残念!
 
 
この日はチョコ先輩にちょこっとお会いでき
嬉しかったです♪
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-05-12 13:40 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

今日はリハビリデーで病院へ行ったので、
先週の診察の時に、外注検査に出してもらった
血液検査の結果をもらってきました。
 
f0369014_13412250.png
 
特に大きな変化もなく一安心。
まぁ、前回から2ヶ月しか経ってないですしね^^;
 
いつもの胆嚢3項目で見ると
 
f0369014_13413399.png
f0369014_13414277.png
 
ALTはまたしても基準値内をキープしていました^^
が、右肩上がりなのが嫌な感じですねぇ・・
 
ALP、GGTともに先月よりさらに下がっていました^^
来月は基準値内か!?と期待させて
なかなかしぶといALPです(笑)
 
ALTがこれ以上上がりませんように。
ALP、GGTがもっと下がりますように。
 
 
それと、1年ぶりに甲状腺ホルモンの検査。
 
T4: 1.1 (1.0〜4.0)
FT4: 17.1 (7.7〜47.6)
c-TSH: 0.35 (0.05〜0.42)
 
大丈夫でした!
今起こっている症状のいくつかは
甲状腺ホルモンの低下によるものかも・・
と思っていたので、これもホッとしました♪
 
 
嘔吐はセレニアを飲み始めてから起こっていません。
でも、嘔吐を起こした時間帯=
よるごはんを食べた30分後〜1時間ぐらいの間に
毎日パニック旋回は出ています。
 
これって1ヶ月ほど前からずっと続いてたんですよね。
毎日17時過ぎになると
ベッドで寝ていたのに突然起き上がり
吠えて、パニック旋回。
 
なんで毎日この時間なのか
疑問には思っていましたが、
まぁいつものただのパニック旋回だろう
と考えていました。
 
でももしかすると、
胃腸が動き始め
→嘔吐中枢が刺激され
→気持ち悪くてパニック旋回
なのかもしれません。
 
そう考えると、同じように
毎日吠えてパニック旋回を起こす22時頃も
21時ごろに食べるヨーグルトの影響かも。
 
あくまで素人の推測ですけどね^^;
 
そして、セレニアは
嘔吐中枢が刺激されても
実際に嘔吐を起こさないのが役割で、
胃腸の動きによる嘔吐中枢への刺激は
変わらずにあるために
吠えたりパニック旋回が出たりしている
ように思えます。
 
だから、この時間帯と
どのようにうまく付き合っていくかを
工夫する必要があると思いました。
 
脳の萎縮による神経異常は
この先、治るものではないですからね。
 
セレニアは今日追加で処方してもらいました。
2日に1度にして、飲まない日にどういう症状が出るか
観察することになりました。
 
よく効くお薬らしいので
うまく行けば飲む頻度を減らしたり
量を減らしたりできるそうです^^
 
本当に吐くことが必要な緊急時に
ちゃんと吐けるぐらいの
お薬の量になるといいなと思います。
 
それから、これはセレニアと
関係あるかどうか分かりませんが、
ごはんを半分ほど食べた頃に
パニック旋回になっていた症状はなくなりました!
 
今は、こんな風に食べにくい場所にだけ
食べ残しがある状態です(笑)
 
f0369014_15181750.jpg
 
この残りを食べるのが
お散歩から帰ってきての日々の楽しみです^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-04-18 17:00 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

今日はもともと予約していた診察日、
嘔吐のことがありちょうどよかったです。
 
パニック旋回が増えてきたこと、
そのせいか、左手と右足が悪くなったこと、
火曜日からパニック旋回→パンティング→嘔吐
となっていることをお話しました。
 
以下、嘔吐に関する先生の説明です。
 
胃腸系ではなく脳神経から来ている感じ。
 
そして前庭疾患ではなさそう。
2月のMRI・CTで異常はなかったし、
前庭疾患の場合は
はっきりした黒目の揺れや
斜頸を伴うことが多いから。
 
脳萎縮が進んでいるので
脳のいろいろな箇所に影響が出てきていて、
 胃腸の動きで刺激を受け嘔吐を引き起こす
嘔吐中枢の異常の可能性がある。
 
嘔吐中枢由来の刺激を抑える吐き気どめ(セレニア)を
試してみるのがいい。
 
・・ということで、セレニアを処方してもらいました。
副作用はほとんどないそうです。
 
パニック旋回については
原因が多岐にわたるので対応が難しそうです。
 
食後30分〜1時間ぐらいのパニック旋回に関しては
パニック旋回が嘔吐を引き起こすと思っていましたが、
今日の説明を聞くと
嘔吐中枢が刺激されて吐きたくて
パニック旋回とパンティングを起こしている可能性があり、
だとすると、セレニアが効けば改善されるはず。
 
食事直後、水を飲んだ直後、トイレの直後のパニックは、
胃腸がゴロゴロして気持ち悪く感じる
迷走神経系が原因と思われ、
これは止めることができません。
 
その他、寝起きや散歩中やストレスを感じた時などなど・・
パニック旋回を止めるにはそういう薬を飲むしかないそうです。
 
先生は、パニック旋回はジェンに必要な時間なのかも
とおっしゃってました。
嘔吐がセレニアで止まるなら
怪我をしない程度に旋回を見守ってあげるのもいいと。
 
それから、動画を見ていただくと、歩きたい要求があるのに
バランスがうまくとれず歩けないことにイライラして
パニック旋回を起こしているようにも見えるそうで、
そのような時は歩行補助の意味で車椅子を使うと
精神的に落ち着く場合があるそうです。
 
1日に何度も起こる
神経に引きずられて右へ右へ、左へ左へと
体が傾いてしまうタイミングには効果がありそうです。
そういう時だけ乗せてあげるのも1つの手ですね。
 
というわけで、まずはセレニアの効果を観察です。
 
 
【胆泥】
 
今回、1年ぶりに甲状腺ホルモンの検査(外注)をすることにしたので
ついで血液検査も外注のパックにしました。
結果は週明けです。
 
今日は胆嚢エコーをしてもらおうと思っていましたが
嘔吐の話を長くしている間にジェンちゃん怒ってしまって(笑)
お元気覚醒モードに入ったのでエコーは断念しました^^;
また次回にでも。
 
 
【血圧】
 
今回も途中で怒り始めたそうで
尻尾の付け根の測定だけですが
数値は落ち着いていました^^
 
f0369014_12095479.png
 
 
待合室の床が滑って、今のジェンちゃんの足では
立っていることが難しいです(診察室も)。
入り口のマットの上で珍しくおすわり^^
 
f0369014_12104066.jpg
 
今年待合室が改装されて猫ちゃん優先スペースができました。
滑らないマットを敷いたシニア犬スペースも作ってもらえないかな。
抱っこすると下ろせというし、下ろすと滑るし、大変です。
そろそろカートを買わないといけないかな。
 
今日は珍しく待合室が柴柴してて
とっても楽しかったです♪
 
 
ちなみに昨日の午前中の続きは、
ほんっとによく寝て
起き出してきたのは12時ごろ。
 
その時に、計画通り、夕食の半分のフードを
興奮させないように1粒ずつ食べさせました。
そしてやっとコンセーブ団子。
 
その後も15時まで比較的よく寝ました。
私が台所に入るとテーブルをぐるぐる回りちっち。
うんPはまたせず・・。
 
夕食はフードにいつものセットで。
朝と同じでやっぱり途中で食台を離れます。
興奮してしまうのか?
気持ち悪くなるのか?
 
家の中にいるとパニック旋回になるので
そのまますぐに外に連れ出しました。
 
いつも歩かないのになぜかサクサク歩きます(笑)
興奮しているからでしょうか?
 
f0369014_12123082.jpg
 
旋回はほとんどなく、右へや左への傾きも少なく
稀に見る楽な散歩となりました。
 
家に戻り、半分ほど残っていた食事を完食。
そのあとは、お昼に飲んだコンセーブが効いていて
基本的には眠いのだけど、
落ち着かない様子で何度も何度も起き出してしまいます。
吐くといけないので、その度に落ち着かせて寝かしつけ。
 
18時半に夜のコンセーブ。
ヨーグルト前のちっちは昨日も家の中でせず
庭に出すとすぐしました。
20時にヨーグルト、その後ウロウロして
20時半に眠り始めました。
 
22時半に起き出し、最大級のパニック旋回が始まりました。
止めないと危ないレベルなのでホールドしましたが
体が勝手に旋回しているので
ホールドされても暴れている状態です。
30分ほど格闘し、ようやく熊五郎の中に誘導できました。
ひどかった・・。
 
2時半にもテーブルの周りを超高速回転。
 
でも吐かずに1日過ごせてよかったです。
 
今朝は、ジェンちゃんがテーブルの周りをぐるぐるしている様子を
カメラのモニターを見ながら
洗面所であれこれ準備していたのですが、
ふとリビングを覗くと
右手にうんP靴を履いてぐるぐるしてましたーー(泣)
カメラの死角になるテーブルの向こうでしたらしく・・
 
不幸中の幸いはトイレシーツをまだ敷いてあったので
ほとんどがトイレシーツの上、
ごく一部だけカーペットに汚れがはみ出していました。
 
ジェンちゃんをお風呂に連れ込み
しっかり食い込んだうんP靴を脱がせるのに悪戦苦闘・・。
朝からお互い疲れました。
 
ちっちとうんPが終わるまでは
近くで見ておかないといけませんね。
病院に行く日だからと
バタバタ準備していた私が迂闊でした。
 
その後、朝ごはん。
食べている間にゴミ捨てに行って戻ったら
なんと食台と反対方向を向いてへたり込んでいました(汗)
また途中で興奮してバタバタしちゃったのか?
(よく足が立たなくなります)
 
とりあえず散歩に連れ出しましたが
昨日の夕方と違って全く歩かず・・。
そのうちパニック旋回が始まってしまって
人間の足で3分の距離を20分もかけて
ようやく帰宅することができました。
 
そして朝ごはんの残りを完食^^
病院に行くまでよく眠りました。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-04-12 20:11 | ジェンの病気・病院 | Comments(0)

3/15(金)ジェンちゃんの診察日でした。
 
【てんかん・認知症】
 
この1ヶ月間、夜のコンセーブを増量。
朝25mg・夜25mg
朝25mg・夜37.5mg
 
一晩に起き出す回数は変わらず
少なくても5〜6回。
夜中のパニック旋回はほぼなくなった。
夜中に1、2回吠える日が少し増えてきたかな?
 
日中は、午前中は落ち着かないようで
少し寝てはハッと起きてパニック旋回をすることが多く、
お昼前から午後3時にかけては比較的よく眠れている。
 
今一番大変なのはパニック旋回。
トイレの直後、水を飲んだ直後、
食事の後、寝起き、ストレスがかかった時
によく起こっています。
 
腸が刺激されて気持ち悪くて起こったり
気分的なものだったりするそうで、
背中をゆっくり大きくなでてあげるのがいいと
教えていただきました。
ゲートコントロールと言って
抑制神経を働かせる作用があるそうです。
 
朝のコンセーブも37.5mgに増やしてみることになりました。
認知症に対しては、1週間前からサプリをお試し中。
ちょっとお腹がゆるい^^;
また別記事にまとめます。
 
 
【胆泥】
 
f0369014_08440999.png
f0369014_08441672.png
 
先月基準値内に下がったALT(肝酵素)
マグレじゃなかった(笑)
今回も基準値内キープです!
 
そしてALPもGGTも高値ながら
先月より下がっていて
ウルソを標準量飲めるようになった効果が
じわじわと出てきているのを感じます^^
 
 
【血圧】
 
f0369014_08435918.png
 
多少数値にばらつきがありますが、まずまず。
ジェンちゃん、どうやら血圧測定になると
怒るようになったみたいで(笑)
昨日も大きな声が待合室に聞こえてきました^^;
暴れると数値上がっちゃうのにね。
 
 
終わって興奮しているジェンちゃん
 
f0369014_08482696.jpg
 
ご褒美をもらっては
 
f0369014_08464128.jpg
 
夫の手をツンツン催促の繰り返しでした(笑)
 
f0369014_08472660.jpg
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

by hamasumi-life | 2019-03-16 13:05 | ジェンの病気・病院 | Comments(0)

病院の日その1の続きです。
 
【てんかん】
 
お昼頃の朦朧感・ふらつきが酷いので
1/3〜1/14まで朝のコンセーブを減らし
朝12.5mg・夜25mgにしてみました。
 
痙攣はありませんでしたが
目(頭)だけキョロキョロする部分発作が
何度か見られるようになり
1/15からまた25mg・25mgに戻しました。
 
 
この6週間のジェンの変化はとても大きく
特に1月半ば以降は目まぐるしい変わり様です。
 
(1)視力
 
動いているものはなんとなく見えているようですが
静止物(特に色の薄いもの)はほとんど見えず、
壁に体や顔をぶつけながら歩くようになりました。
 
サークルの入り口がわからず
なかなかうまく出入りできません。
 
水の器の位置がわからず、
鼻先で探って器や水に接触できれば飲みますが
少し位置がずれて接触できなければ諦めてしまいます。
 
視力の低下は一気に、
感覚的には1週間ほどで
急激に悪化した感じを受けました。
 
(2)嗅覚
 
最後まで残ると言われている嗅覚ですが
これも急激に衰えました。
 
鼻にくっつけるぐらい近づけたもののにおいは分かりますが
少し離れるともう分からなくなります。
台所からサークル内の食台まで
鼻先にお茶碗をくっつけて誘導しているのですが
鼻から10cm離れるともう追えなくなり
違う方向へ行ってしまいます。
 
コンセーブ団子やご褒美も
これまではお皿に入れて床に置くと
見えなくてもにおいで探り当てて食べていましたが
今は目の前に置いても探せないことがあります。
 
(3)意思の疎通
 
日中、意思の疎通が取れない時間が増えてきました。
家族が見えず、声が聞こえず、認識できません。
 

  
(4)ふらつき
 
意思の疎通が取れない時間帯はふらつきもひどく
ヨタヨタ歩きベッドに倒れこみます。
 

 
(5)部分発作のような症状がよく見られるようになりました。
(目のキョロキョロ、口のくちゃくちゃなど)
 

 
(6)今まで見たことない神経症状が現れました。
顔がふぅ〜と右に(左に)流れて行っては
正面に戻りまた流れるの繰り返し症状。
 
 
(7)旋回
 
頻度が増え、最近夜間にも出るようになりました。
そこそこ落ち着いている時はこういう感じ↓ですが
 
 
パニック旋回になるともっともっと速いスピードで
激しく小回りに旋回し
壁や物で顔を強打してしまいます。
それでも止まりません。
 
パニック旋回になる原因はいくつかあるのだと思います。
今の所把握できているのは
水を飲んだ後とトイレでちっちした後。
両方とも少し興奮状態になるようで
直後にパニック旋回が始まります。
それ以外の時も、脳を興奮させてしまうような
何かしらの原因があるのでしょうね。
 
散歩の時にもまっすぐ進めず
ひたすら右に進もうとする時、
ひたすら左に進もうとする時があり、
それがひどくなると
ひたすら右旋回、左旋回となってしまいます。
日によって全く普通の時もあり・・^^;
 
(8)睡眠時の眼振
 
以前書きましたが睡眠時の眼振が時々ありました。
寝ている時にマロが痙攣しているので
何事かと観察していると
まぶたがうっすら開いて目が左右に揺れているので分かります。
 
以前の動画です↓
 
 
睡眠時の眼振は気にしなくていいと言われていましたが
最近はほぼ毎日と言っていいほどの頻度で
ちょっと心配になってきました。
 
(9)おしっこの回数
 
少し前まで1日5回していたのが
今は3回がやっと。
特に昼間の異国タイムには全くしなくなりました。
 
(10)後ろ足の筋力低下
 
以前から問題視はしていましたが
ここ数日の衰えはひどく・・。
踏ん張り体制では腰が落ちてしまいます。
 
 
などなど、多くの変化があり、
老化というにはあまりにも短期間に進行し、
特に脳神経系らしき症状が増えてきて
脳に問題があるのかも・・と思い始めました。
 
先生にいくつか動画を見ていただいたところ、
MRIを撮って何か見つかる可能性が70%、
何も見つからない(=てんかん・認知症)可能性が30%
という診立てでした。
 
MRIを撮らずに何かできることがありますかと質問すると
ステロイドは脳梗塞以外の症状で
プラスに働く場合が多いので、
ステロイドを試して症状の変化を見るのも
1つの方法だということでした。
 
ステロイドは炎症を抑え浮腫を取ってくれるので
脳圧が上がっている時にも有効で
脳炎だと第一選択薬になるそうです。
 
MRIを撮るメリットとしては
病気の断定ができること、
そして最も適した薬を使うことができること。

脳の病気は、治すことは難しく
(手術もあまり行われません)
薬でコントロールできるものはコントロールする、
コントロールできないものは
過酷な症状を少しでも和らげてあげる
という対処になります。
 
 
家に帰り夫と相談するもやはりなかなか踏み切れず。。
しかし、この日の夜中が今までにないひどい状態で、
これはまずいかも・・と思い、
思い切ってMRIを撮る決心をしました。
 
日曜日、相談に行き、
 
◯ 麻酔に対して大丈夫かどうか?
 
過去3度全身麻酔をしているのでアレルギーは大丈夫。
心音はいたってクリアで心臓も大丈夫。
血液検査も問題なし。
 
◯ 検査項目は
 
・脳のMRI
・CT
(根尖膿瘍の箇所の特定)
(去年3月の鼻血事件の確認)
・MRIで脳炎など判明した場合
脳脊髄液の採取
  
◯ 根尖膿瘍の抜歯も同時にできるか?
 
処置自体は撮影してくれる病院に相談だが
MRIの麻酔量だけでは無理。
もし脳に何か見つかった場合は
麻酔を追加するのはよくない。
ということで、年齢的な心配もあり抜歯は見送り
MRIとCTに必要な麻酔量だけでしてもらうことにしました。
 
など詳細を確認し、予約をしてもらいました。
(すぐ近くの別の病院で、4年前にも撮ってもらったところです)
 
翌日、月曜日にMRIを撮りました。
そして、なんと、何もありませんでした!!!
 
私の中では95%何かあるという覚悟でしたので
信じられない感じでした。
 
脳炎とか脳腫瘍とかそういう病気はなく。。
ただ、脳の萎縮がだいぶ進んでいるとのこと。
4年前の画像と比べて見せていただき
確かに違いがありました。
 
老化によるものだそうですが、
てんかん持ちのジェンは、何度も全身の痙攣発作を起こしているし、
部分発作や異常行動発作は毎日のように起こしているので、
もしかしたら普通のワンコより萎縮が早いのかもしれません。
 
なので、ジェンの今のいろんな異変は
てんかん+老化+認知症のミックスということになりました。
 
今後、脳神経系っぽい症状を見ても
脳炎かな・・とかいちいち不安にならなくてもいいのが
何より気が楽です^^
 
でもジェン自身は
そういう症状が出ている間、
何かおかしいけど自分でどうしたらいいのかわからず
困っている、という感じに見えるので
(その間、意思の疎通はとれません)
なんとか症状を抑えてあげたいなぁと思うのです。
今のところはコンセーブを増減して
変化を見るぐらいしか方法がありません。
 
その他の異変に対しては
居住環境を整える、ケアの仕方を変えるなど
もっともっと工夫をしていかなければなりません。
 
夜間の睡眠も相変わらず途切れ途切れ。
せめて3時間まとめて寝させてあげたいなぁと。
お薬以外の方法があればいいのですが・・。
 
課題は山積みです^^;
ジェンちゃんのこれからの生活が
少しでも楽に、平和に、こころ穏やかになるよう
できる限りのことをしていくつもりです^^
 
ジェンちゃん
よく頑張ってくれてありがとう♪
ちゃんと目を覚ましてくれてありがとう♪
まだまだ一緒に暮らそうね!
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-02-20 23:07 | ジェンの病気・病院 | Comments(10)

2/15(金)
病院の改装工事のため
6週間ぶりの診察日。
 
 
去年から、3〜4ヶ月毎にしている
詳細な血液検査をお願いしました。
 
f0369014_13562101.png
f0369014_14201256.png
 
この歳になると腎機能がとても気になり
食事の内容やおやつの種類はこのままで大丈夫だろうかと
心配していました。
今回の検査でSDMAが10、
いまのところ腎臓は問題ないようでホッ^^
筋力の低下が著しいので
なるべく高タンパクな食生活を維持していきたいです。
今後もこまめに腎機能をチェックしつつ。
 
【胆泥】
 
上の表にも出ていますが
いつもの胆嚢3項目表をアップします。
 
f0369014_13563935.png
f0369014_13564638.png
 
ALTが下がった!!
先生は一時的なものという感じで見ていましたが
私はとりあえず喜んでおきます(笑)
わーい!
 
標準量のウルソを飲めるようになって2ヶ月、
ようやく効果が出てきたのか。
 
朝晩3滴ずつだったミルクシスルのチンキを
フィトセラピーの先生のアドバイスに従って
4滴ずつに増やしたのがいいのか。
 
これがマグレではなく
来月もどうか基準値内に留まれますように!!
 
【血圧】
 
f0369014_13560767.png
 
血圧は最近最初に測ると高めだそうで
時間をおいて再度測ると落ち着くみたいです。
先月の数値は、再度測った時のもの。
最初は200超えていたそうです。
 
今月の数値は最初に測ったもの。
高いので最後に測り直そうとしたら
「もう全部終わったんやろ!?」
とジェンちゃん絶叫し始め(爆)
(待合室まで聞こえてきたww)
諦めたそうです^^;
 
【目の下の傷】
 
2/7、右目の下に小さな傷が出来ていました。
 
f0369014_13591241.jpg
 
とにかくありとあらゆる狭い場所に突っ込んでいくし
目が見えないから顔を壁や物にぶつけながら歩くし
パニック旋回の時はどんなに強打しても止まらないし・・
体のあちこちに傷が出来始めています。
この顔を傷もそうやってできたのかなと思いつつも
できものだったら嫌だなぁと不安もあり。
 
2/12
少し大きくなったような(汗)
 
f0369014_14000300.jpg
 
そして診察の時はこんな大きな傷に(大汗)
 
f0369014_14011654.jpg
 
壁に沿って基本左回りのジェンちゃんは
一日中顔の右側をぶつけて歩くので
傷が大きくなっても不思議はありません。
 
そうして出来た傷か、
もっと高い可能性として
根尖膿瘍(こんせんのうよう)かもと言われました。
 
歯槽膿瘍とか歯根周囲膿瘍とも呼ばれ、
歯の根(根尖部)やその周辺に化膿性の炎症が起こり
膿の袋(膿瘍)が形成され、
重度になると炎症が骨を溶かし
膿が眼下や鼻に穴を開け出てくることがある
という病気です。
 
物理的に歯が折れたり傷ついたりした時に起こるほか
歯周病の悪化により起こってしまうそうで
ジェンはたぶん歯周病のせいでしょう。。
 
完治させるには原因となっている歯の抜歯が必要。
口の中から見てもよくわからないので
麻酔をかけてのレントゲンで場所を特定します。
抜歯しない場合は、抗生剤を使ってみて
腫れが引くかどうか。
 
歯周病菌に効く抗生剤を使うのがベストですが、
抗生剤はものによって合わず(アレルギー?)
重度の衰弱状態になってしまうジェンちゃん。
歯周病菌に効く抗生剤は使ったことないので怖いです。
膀胱炎の時に打ってもらった
2週間効果が続く抗生剤の注射は大丈夫でした。
これは幅広い菌に対しての効果を持つそうで
(別の言い方をすれば歯周病に効いたのか
ただの傷に効いたのかはっきりしないということ)
使うとすればこの注射になりそう。
 
でもその前に、こんな時のために
買って置いたものを思い出しました。
 
ビルベリーのチンキを買った時に
同じラインナップの中にオリーブリーフのチンキがありました。
オリーブの葉は強い抗菌・抗酸化作用、
そして殺菌・解熱作用があるそうで、
このチンキを抗生剤の代わりに使っているという口コミを見て
ジェンにはいいかも〜と思い買ってあったのでした。
 
まずこれを使ってみます。
ハーブなので即効性には欠けると思いますが
この膿瘍も大至急何かしなければ!
というものではないようなので。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

by hamasumi-life | 2019-02-19 15:26 | ジェンの病気・病院 | Comments(12)

1/2(水)
 
富士山が見える公園の横を通ったので
ささっと撮影。
 
f0369014_20255592.jpg
 
雲がかかってちょっと残念。
 
f0369014_20263997.jpg
 
たどり着いた場所は
お正月早々・・
 
f0369014_20283051.jpg
 
病院(笑)
 
来週から改装工事でしばらく外来がお休みになるため
お正月も休みなく開いています。
ジェンちゃんも、いつもは第二週のところ
前倒しです。
 
憂鬱全開、震えも全開なのに
くれるものは遠慮なくもらう主義^^
 
f0369014_20310038.jpg
 
 
【てんかん】
 
コンセーブは増減なしの
朝25mg・夜25mg
でこの3週間過ごしました。
 
・痙攣発作はなし
 
・日中は、
 
(1)うまく眠れずに頻繁に起き出して何度も呼びに来る
 
(2)同じく眠れない日でも、パニック気味で落ち着かず
あたふたが続き意思の疎通がとれない。
直径1mでひたすらグルグル旋回したり、
狭い場所に入り込んで自分では出られなくなったり
することも・・・
 
(3)心配になるぐらいこんこんと眠り続け、
時折目が覚めてもぼーっとしていて意思の疎通がとれない
 
(4)午前中数時間眠り「お昼やで」と呼びにきて
お昼のハードルもサクサクこなして、午後また少し眠り、
15時ごろ「よるごはんの準備したら?」と呼びに来る
とても正常な日
 
のどれかですが、(4)は最近ほとんどないです^^;
(2)(3)の日は、3丁目か、はたまた4丁目か別世界にいるみたいで
普段以上に耳が聞こえず、目も見えにくく、
足のふらつきも激しい。
こういう時は、家族のことは認識できず
目の前に立つと「あ、なんか物がある」と
かろうじて避ける程度です^^;
 
・夜間は、眠りが継続しない毎日です。
急に起き出してウロウロして熊五郎に戻るまで
(この間、飼い主の方には全く来ません。たぶん意識なし)は
たった1、2分のことが多いのですが
(たまにひどい時は30分)
起き出す間隔が30分おきとか1時間おきとか
とにかく眠りが続きません。
21〜22時ごろ眠りにつき、1時までの間が特に頻繁です。
 
こうなると、てんかん発作なのか認知症なのか
それ以外の神経症状なのかわかりません。
 
分からないので対処法も分からず^^;
 
とりあえず、ここのところ
朝のコンセーブの血中濃度が上がる
午前11時頃の様子がひどくおかしいので、
朝を12.5mgに減らしてみることに。
 
 
【胆泥】
 
ウルソを朝夜100mgずつにして3週間。
便はほんの少し緩くなりましたが
マシュマロウを少し増やし落ち着いています。
 
f0369014_13455323.png
f0369014_13460266.png
 
血液検査はあまり変わらず。
基準値より高いけどこれで維持できているなら
問題ないとのことです。
 
ただ、今まで全く問題がなかった肝臓本体に
少し異変が出てきたと
先日の健康診断でわかりました。
これについては、もう少し内容を消化してから
まとめようと思います。
 
現在、胆泥へのアプローチは3つ。
 
・ウルソ:引き続き朝夜100mgずつ
 
・ミルクシスルのチンキ:朝夜3滴ずつ
 
・ブレンドハーブ(ミルクシスル、ダンディライオン他)
:ハーブの先生に、小さじ1まで増やしてもOKと聞いたので
朝夜小さじ1/2→小さじ1ずつに増やしました。
 
 
【血圧】
 
最初立った状態で測ったら240近くと高かったそうです。
その後、伏せた状態だといつもと同じぐらいになりました。
 
f0369014_13461082.png
 
 
終わって生き返るジェンちゃん♪
 
f0369014_20331422.jpg
 
頑張りました^^
 
f0369014_20335057.jpg
 
おうちに帰ってハードルという名の
 
f0369014_20345242.jpg
 
お昼ごはんを食べて(笑)
 
f0369014_20351532.jpg
 
こんなになって寝ました(笑)
 
f0369014_20354403.jpg
 
お鼻曲がるで!
 
f0369014_20361734.jpg
 
改装工事中も常に2人先生はいらっしゃるそうですが
ジェンの先生がいつもいるわけではないと思うと
ちょっと緊張します・・。
急病で駆け込むことにならないように
しっかり様子を見ておこうと思います。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-01-04 14:27 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

12/14(金)、月1の診察日でした。
 
久しぶりに朝9時の予約。
健康診断の眼科が残っているので
ジェンちゃんがコンセーブで
ぼーっとしている時間にしました(笑)
 
院内はあちこちクリスマス仕様♪
 
f0369014_11162863.jpg
 
裸族が多いジェンちゃんは
フルッタやレインコートを着て行くと
可愛いと褒めてもらえます^^
 
f0369014_11160610.jpg
 
憂鬱ジェンちゃん^^;
 
f0369014_11183187.jpg
 
残念ながら1階の日です。
 
 
【てんかん】
 
先々月から減薬し始めたコンセーブ。
2週間ごとに少しずつ減らしています。
 
朝50mg・夜50mg
朝37.5mg・夜50mg
朝37.5mg・夜37.5mg
 
この1ヶ月はここから更に減らすことを試みました。
 
朝25mg・夜37.5mg
朝25mg・夜25mg
 
最初の1ヶ月はほとんど変化が見られませんでしたが、
この1ヶ月は徐々に影響が出てきたように感じられます。
 
・朝夕の食後に3丁目に行く回数・時間が増えてきた。
 
・夜中に起き出す回数が増え、吠えることもある。
 
・日中も細切れに目が覚め、いちいち呼びにくる。
 
 
コンセーブを飲むと神経が緩むので
認知症のような症状が出て
夜中に徘徊したり吠えたりする。
コンセーブを減らすと
そういう症状も減る。
 
という私の仮説1は
どうやらハズレのようです。
 
夜中の徘徊はてんかん発作の症状。
コンセーブを減らすと発作も増える。
 
の仮説2が当たりかも。
 
たぶん認知症も少しあると思うので
てんかん発作と認知症のミックスだと
思っておいた方がいいのでしょう。
 
今のコンセーブの量でしばらく様子を見て
不眠が続いて体調に影響が出てしまう場合は
また考えましょうということになりました。
体がこの量に慣れて
少し落ち着いてくれるといいのですが。。
 
 
【胆泥】
 
先々月、増やしたウルソの量で
おなかが緩くなったため、
この1ヶ月は増やさず
朝100mg・夜75mg
のままでした。
 
葛湯の増量+
ブレンドハーブにマシュマロウ追加
で今はとても安定しています。
 
血液検査の結果
 
f0369014_11113441.png
f0369014_11114924.png
 
なぜかALT(肝酵素)が上がりました(困)
やはり微小な胆石があるみたいで・・。
 
お腹も落ち着いているので
ウルソを再増量して
朝夜100mgずつに挑戦です。
これが本来の標準量。
 
 
【血圧】
 
血圧計が壊れていて測れなかった^^;
 
 
【健康診断の続き(眼科)】
 
両目とも白内障が少し進んでいると初めて言われました。
部分的に光を通さないところがあるそうです。
加齢によるもので、目薬は効かず、
人間のように手術という方法もありますが
それは考えていないので
このままですね。
進行を少しでも遅らせる方法ってないのかな??
 
眼圧は正常で緑内障は大丈夫^^
 
日常生活においては
 
・視野が狭くなりものによくぶつかる。
 
・暗いところは恐る恐る歩き
明るい場所へ出るとスピードが早くなることから
暗いところではあまり(ほとんど?)見えてない。
 
・目の前で指を動かしても見えないようで追わず、
離れた場所の動きには反応する。
 
という変化が起こっています。
教わった通り黄色・オレンジはよく見えており
テーブルの足はぶつかる直前で
器用にさっと顔を引いています^^
 
家の中もそうですが、散歩の時も
「見えにくい」と意識して歩くようにしないと
いけないと思いました。
 
 
【その他】
 
家の中で足が滑る場所が更に増えたことを話すと
「トゥ・グリップス」という犬の爪につける
滑り止めを紹介してくれました。
先生もまだ使ったことはないのですが
評判はとてもいいそうなので、
検討してみようと思います。
※動物病院での装着になります。
 
靴下は指への意識が行かなくなってしまうし
何よりジェンちゃん瞬殺しそうなので^^;
つけるならこちらの方が良さそうですね。
嫌がるかな?
 
 
お尻の毛もカットしてもらい終了^^
 
お疲れ様♪
 
f0369014_11195197.jpg
 
ご褒美たくさんもらって帰りました^^
 
f0369014_11220562.jpg
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2018-12-17 14:05 | ジェンの病気・病院 | Comments(4)

11/9(金)ジェンちゃんの月1診察日でした。
 
f0369014_09571459.jpg
 
 
【てんかん】
 
この1ヶ月はコンセーブの副作用を減らすため
減薬を試みました。
 
朝50mg・夜50mg
朝37.5mg ・夜50mg
 
にして、まず2週間様子を見たところ、
異常行動の発作の頻度や様子に
変わりはありませんでした。
午前中の足のふらつきは
少し減ったように感じます^^
 
そこで夜も減らしてみました。
朝37.5mg・夜37.5mg
 
これで2週間、
悪い影響は今のところ出ていません。
 
これから1ヶ月でもう少し減らしてみます。
 
朝25mg・夜37.5mg
 
でまた2週間様子をみることにします。
 
 
【胆泥】
 
この1ヶ月はウルソを
 
朝75mg・夜75mg
朝100mg・夜75mg
 
に増量しました。
 
心配していた空腹時嘔吐は
今回も一度もなく一安心。
 
ところがお腹がゆるくなりました >_<
 
これまでも増量して3、4日は緩くなっていたのですが
今回はなかなか落ち着かず、
例の騒動に発展したりもして^^;
 
下痢じゃないけどひどい軟便。
また葛湯を増やしてみました。
 
葛粉 小さじ2 + 水 大さじ5
葛粉 大さじ1 + 水 大さじ7〜7.5
 
これでとりあえず固形にはなりました。
今は日によって完璧だったり(笑)
少し柔らかめだったり。
 
血液検査は
 
f0369014_18412025.png
f0369014_18412839.png
 
横ばい。
胆泥があってこの数値ならまぁいいでしょう
と先生はおっしゃってました。
 
おなかのこともあり
今回ウルソは増量なしです。
 
 
【血圧】
 
f0369014_18411112.png
 
まあまあ落ち着いている
という感じ。
 
おなか緩かったので、
血圧のためにあげていたものを
全部ストップしていたのです。
それでこの数値なので
ストップしていたのを再開したら
もう少し下がるかもしれません。
 
 
【健康診断の続き(エコー・X線)】
 
エコーはジェンちゃん途中で暴れ
私たちも参加しての検査となりました^^;
 
それでも暴れて、片側の腎臓が見られませんでした。
(今度、胆嚢エコーする時に一緒にみてもらうことに)
 
胆泥は変わらず、少し砂利状のもの(結石)があり
これが悪化しないか心配です。
 
エコー、X線ともに
その場でさっとみた範囲では異常なしだそうです^^
また後で、先生がじっくり画像診断してくれます。
 
何かできてるんじゃないかと毎回ドキドキ!
ホッとしました。。
 
眼科のオプションをつけていましたが
時間がなく、来月に。
 
午前中は薬でふらふらなのがかわいそうで
最近午後に病院に行くようにしていますが、
こういう検査の時は
午前中の方がおとなしくていいみたいです(笑)
 
来月は午前中に^^
 
 
【眼振】
 
また同じように、寝ている時
まぶたが痙攣していたので観察していると
目が開いて眼球が左右に揺れていました。
(日付の記録なし^^;)
 
起きている時におこったことはないので
問題はなさそうですが、一応報告。
 
 
【後肢が立たない】
 
11/8 お昼前に起きて私を探しにきました。
頭を押し付けてスリスリしているうちに
急に腰が抜けたように座り込み
立てなくなってしまいました。
 
発作か!?と横に寝かせて
手足のチェックをしましたが
痙攣も硬直もなく、つま先まで暖かい。
ジェンの様子も全く普段通りで、
ただ後肢に力が入らないだけのよう。
 
2、3分すると自力で起き上がり、
多少ふらふらしながらも歩けるようになりました。
 
これも2回目なんですよね。。
前回がいつだったか覚えてないのですが、
前回の時に、腰のヘルニアかもと先生に聞いたら
ヘルニアではないそうで。
 
馬尾症候群の疑いのあるジェンちゃんなので
(典型的な症状はまだない)
どこか神経が圧迫されて
こうなってしまうのかな。。
 
 
長時間頑張りました^^
 
f0369014_09575350.jpg
 
こういうストレスマックスの時は
帰りの車の中でいつも喚き散らすジェンちゃん(笑)
吠えることでさらにエスカレートしていきます^^;
 
そこで、この日は運転手(夫)もいたので
私はジェンちゃんのケージの隣に座り
数分置きにご褒美をあげ、
家まで吠えることなく帰り着きました〜♪
 
家に帰って、ごはんを食べた後に
怒りを撒き散らしてました!(爆)
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!
 


by hamasumi-life | 2018-11-12 11:27 | ジェンの病気・病院 | Comments(4)