タグ:検査・健診・予防 ( 56 ) タグの人気記事

最後の血液検査

先週月曜日(1/20)は1ヶ月ぶりの定期診察日で、
基本の身体検査、お手入れ、
そして血液検査をしてもらいました。
 
その結果を、急遽来ていただいた水曜日にもらいました。
 
これが・・
 
最後の血液検査_f0369014_21280034.png
最後の血液検査_f0369014_21281088.png
 
とっても良かったのです♪
 
血球の方は、ほぼ基準値か
はみ出していても誤差の範囲。
 
生化学は、胆泥3項目が永遠の課題でしたが
ここへ来てなんとALTが基準値に戻りました!
クッシングで上昇し続けるかと思われた
ALPも少し下がり、
GGTも下がりました^^
  
次回はアウトだろうとドキドキしていた
SDMAも下がり、
BUNもあと一歩で基準値というところまで降下。
 
ジェンちゃん、さすがだね!
 
最後の血液検査_f0369014_21434216.jpg
 
何が効いたのかは分かりませんが
トライしたことをメモしておきます。

クッシングによる肝臓への影響をなるべく減らしたい、
窒息対策で飲み続ける必要のある
フラジールのデトックスをしたい、
その思いから、ここ2ヶ月ほど
ミルクシスルのチンキを朝晩1滴ずつ増やしました
(maxまでまだ余裕があるのは知っていたので)。
 
それと、ウラジロガシ茶の頻度を増やしました。
これまではなた豆茶と1日交代だったのを
2:1ぐらいの頻度に。
150ml/日ぐらい、水で倍に薄めて
飲み水としてあげていました。
 
腎臓に関しては、秋ぐらいから
ハーブミックスに入れているネトルを1.5倍にしました。
 
腎臓が最後まで大丈夫なままだったのは
何年も飲んでいたショウキT-1(たんぽぽ茶エキス)の
おかげかなぁと密かに思ってます^^
 
そして週1の鍼灸と漢方薬!
毎回の施術で目に見える効果があったわけではありませんが、
腎を補い肝の気を下げる治療を
地道に続けてきた結果なのかもしれません^^
 
 
 最後まで
腎臓も心臓も膵臓も大丈夫、
胆泥や胆石があっても
胆嚢・肝臓の大きな病気には至らず、
ジェンちゃんは
本当に内臓の強い子でした^^
 
お引越し前にお顔を見にきてくれた方々も
みなさん揃って
「綺麗なお顔だね♪
全然痩せてないし全然変わらない。
可愛いまま^^」
とおっしゃってくださいました。
 
いわゆる「闘病生活」が全然なかったのと、
内臓が丈夫だから食欲が落ちるということが
一度もなかった、そのおかげでしょうか^^
 
そうそう、いきなり流動食になって
下痢したり上手く食べられなかったりで
一時期7kgを切ってしまった体重。
7.5kgぐらいまで戻ればいいな〜と
量を増やしたり濃度を調節したりしましたが、
最終的には7.4kgまで戻りました^^
 
ジェンちゃんお見事♪
 
最後の血液検査_f0369014_21290404.png
 
出張に行く前に計る予定だったのに
忘れてしまった夫。
測ってたら7.5kgになってたかもね^^
 
体重係はずっと夫。
ジェンちゃんが我が家に来た直後から
1、2週間に1度、計って記録してくれました。
その回数、なんと617回。
 
おかげでこんなに小さかったジェンちゃんが
無事大きくなり
 
最後の血液検査_f0369014_21285572.png
 
少し前までず〜っと8kg前後をキープ、
そして最後もふっくらお顔で
旅立つことができました^^
 
ありがとう♪
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2020-01-30 23:21 | ジェンの病気・病院 | Comments(11)

月曜日は今年最後の往診日でした。
 
角膜が凹んで一時期開かなくなった左目は
保湿目薬を増量して4日目ぐらいに開きました。
ただ、角膜が修復されたわけではないようです。
相変わらず凹んでいて、
でも傷が少し綺麗になっているらしい。
いつかは凹みが元どおりになるのかな?
聞くの忘れました^^;
 
念の為、眼圧を測る予定でしたが
機械の不調で測れず。
でも緑内障っぽい症状はないので安心です。
 
その他、特に診察が必要な問題も今のところ無く、
お手入れをフルコースしていただいて終了。
さっぱりしました^^
 
今年最後の往診(になりますように^^)_f0369014_22203038.jpg
 
次回は1ヶ月後です。
 
そして今日は診察代を支払いに
久しぶりに病院に行ってきました。
 
いつまでにとか、どうやってなど
特に決まってないみたいで、
先生の「いつでもいいですよ〜」に甘えてしまって
すっかり溜め込んでいました^^;
往診になってからの分、全部です(汗)
 
きれいにつけを払ったので
心置きなく年を越せそうです(笑)
 
ジェンちゃん、これが今年最後の往診になるように
毎日元気で過ごそうね!
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-12-19 22:52 | ジェンの病気・病院 | Comments(8)

往診を予約していた水曜日の話です。
 
10月に最後に通院した時、血圧が高めで
クッシングの影響かも?と言われ
気になっていたのですが、
その後往診になってから一度も測ってなく
この日は血圧計を持ってきていただきました。
 
まだ寝起きでボーッとしているジェンちゃんですが
 
往診の日(目が開かない)_f0369014_11061219.jpg
 
血圧計が動き始めると
ふぅぅーん!と力を入れてました(笑)
 
往診の日(目が開かない)_f0369014_11070379.jpg
 
その結果、最後の1回は
血圧が上がってしまいました^^;
 
往診の日(目が開かない)_f0369014_11135014.png
 
でも、3回目まではとてもいい感じ。
心配していた高血圧は大丈夫そうです。
 
血液検査も血圧も
病院より自宅の方がストレスがかからない分
いい数値になるのかもしれません^^
 
 
タイトルの「目が開かない」ですが・・
 
前日から左目が開きづらく
水曜朝にはほとんど閉じてしまっている状態でした。
目やにも多いです。
 
往診の日(目が開かない)_f0369014_11025516.jpg
 
ジェンちゃんの目が開かない事件と言えば
これまで3回、全部アレルギーっぽい感じでした。
いずれも炎症を抑えるティアローズという目薬で治りました。
 
ティアローズはその後、日々のケアで使っていて
目が開かなくなることも起こらなかったので、
今回は久々の目のトラブル。
 
往診用の眼科検査器具が病院になく
先生が見た範囲での診断ですが、
角膜の中央が凹んでいるみたいです。
 
薄目で寝ていたりすると目が乾き
角膜が弱くなって凹むことがあるそうです。
 
数ヶ月前は目を開けて寝ていることが多かったので
ティアバランスという保湿目薬を使うようになりました。
(1日にティアローズ2回、ティアバランス2回)
そのおかげか、最近は目を閉じて
眠れるようになったなぁと思ったところだったのに・・。
 
治療は、そのティアバランスの回数を
1日6〜7回に増やすこと、
ティアローズは角膜が傷ついている時は
その修復を遅らせてしまうため
左目にはストップ。
 
角膜の損傷以外に
白内障からのぶどう膜炎や緑内障など
他の病気の可能性もありますが、
まずは目薬で角膜の修復を試みます。
 
これで治るといいのだけど・・。
 
2日経った今日もあまり改善は見られず
横になっている時は左目はほとんど開きません。
ごはんの時はちょっと開きます(笑)
 
往診の日(目が開かない)_f0369014_11162406.jpg
 
冒頭↑の血圧測られている時などは
これでもかと目を見開いていて
治ったのかと思いました(爆)
 
長引くようだったら
検査器具を使える時間にまた往診していただくか
車に吸引器積んで病院行くかして
ちゃんと検査しないといけませんね。
 
痛みがないならいいのだけど
ジェンの場合、それも見分けがつきにくいのが
困ったところです^^;
 
 
それと、この日はおりものの洗浄を
私がするところを先生に見ていただきました。
 
やはり管がなかなか入らなかったのですが
どうやらちゃんと入っているらしく
恐る恐るやっている私の力加減で
進んでいないだけらしい(笑)
だって怖いんだもの^^;
 
そこ以外はちゃんと出来ていると
お墨付きをもらい安心しました^^
 
前回は色が濃いおりものでしたが
今回は薄かったので
少しは菌が減ってるのかな?
 
溜まるのはたぶんこの先も変わらないだろうから
せめて菌がいなくなって
膀胱炎とか他の病気にならないで欲しいと思います。
 
ジェンちゃん、頑張って洗浄しようね^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-12-06 15:38 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

血液検査結果

月曜日に往診で採血して
生化学の方は外注検査に出してもらったのが、
水曜日には病院に結果が返ってきて
さらに最近メールで病院から
送ってもらえるようになったので、
水曜日の午前中には私の手元に届きました。
早い!!
 
血液検査結果_f0369014_22424667.png
血液検査結果_f0369014_22425029.png
 
クッシングの影響がどんなところに出てくるのか
気になっていたのですが
特に大きな変化なくホッとしました^^
 
基準値を外れている項目も
基準値に近い値になっていたりと
全体的に良かったと思います。
特にALTが下がっていたのが心強いです^^
 
あ、でもSDMAがいよいよ危なくなってきました(汗)
やっぱり腎臓が弱ってきてるのですね。
うーむ・・
 
これ以上悪くならないことを願うばかり。。
 
 
〜おまけ1〜
 
ジェンちゃんはあいかわらず前歯出して寝てます(笑)
 
血液検査結果_f0369014_22422460.jpg
 
 
〜おまけ2〜
 
久しぶりに晴れ、たくさん洗濯できました^^
夕方、カーブスからの帰り道、
ちょうど良い時間でした♪
空が美しい季節ですね。
 
血液検査結果_f0369014_22563123.jpg
 
ジェンちゃんの里山公園に富士山見に行きたいなぁ・・
吸引器の携帯バッテリー買おうかなぁ・・
本体より高いなぁ・・
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-11-29 23:11 | ジェンの病気・病院 | Comments(0)

心ポカポカ往診日♪

ジェンちゃん、引き続き週1で
おりもの洗浄のため往診してもらっています。
 
今日は、先生が到着した時は寝ぼけまなこだったのに、
血液検査のため血管を探し始めると覚醒!
 
心ポカポカ往診日♪_f0369014_21481141.jpg
 
これでもかと目をまん丸にして警戒していました^^
 
心ポカポカ往診日♪_f0369014_21494471.jpg
 
やる気を出せばこんなに目が開くんだ〜(笑)
 
この後、足の血管が細すぎるので
いつも通り首から採血され
「うぉぉぉーん!」
( くびにはりさすなー! )
と何度も怒ってました。
可愛い♪
 
最初はかすれ声だったのが
吠えているうちに段々声が出るように^^
 
ジェンちゃん、吠えることは
喉の筋力アップに良さそうですよ♪
 
 
今日、先生と一緒に来てくれたのは
超ベテランの看護師さん。
ジェンのこともよく知ってくれています。
 
部屋に入るなり「ジェンちゃ〜ん!元気だった?」
とわしゃわしゃしてくれて(笑)、
先生の処置中にはジェンが怖がらないように
ず〜っと緊張をほぐしてくれて、
それ以外の時も
ず〜っとジェンに話しかけてくれて
ず〜っと撫でてくれて。。
 
じわぁ〜と感動しました^^
 
ジェンは、家族から見ると今でも感情豊かですが、
表情筋を動かせないため
日常的に接してない人からは
無表情・無感情に見られます。
名前を呼ばれてもそちらを向くわけではないし
耳さえもほとんど動きません。
 
なので、ジェンに会ったほとんどの人は
 
「ジェンちゃん〜」と話しかけ撫でてくれる
ジェン:無表情・無反応
終了
 
となるわけです^^;
 
そんな中、今日のベテラン看護師さんの
愛に溢れた接し方は、
とても嬉しくて感動して
私の心はポカポカになりました^^
太陽のように明るく温かい方です!
ありがとうございました♪
 
 
さて、診察内容の方は
 
11/14のあとは窒息が起こっていません。
フラジールを1/2錠x2回飲むようにして以来
お口のシュワシュワで苦しむことはほぼなくなりました。
フラジールが合っていそうなので、継続します。
 
クッシングの影響で
お腹の皮膚の乾燥が酷かったのですが、
自宅でのケアで少しよくなったので
このまま続けていくことに。
(これについては別記事にする予定)
 
おりものは相変わらず
週の後半になると詰まってくるみたいで
おしっこが出にくくなります。
今日も洗浄してもらいました。
そして、前回と今日と2回教えてもらい
なんと、私が今度やってみることに!
週末あたりに初挑戦です^^
ドキドキ・・
 
 
〜おまけ〜
 
今朝のお外。
うちの周りでこんなに霧が濃くなるのは
とっても珍しい。
 
心ポカポカ往診日♪_f0369014_21501673.jpg
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-11-25 23:04 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

今更ですが、10/11の通院日の続きを。
 
この日は血球+生化学(外注)の血液検査と
いつも春秋にする腹部エコーもしました。
 
すると、副腎が肥大していることが判明!
 
クッシング症候群の疑い有りとのことです。
 
 
<クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)とは?>
 
腎臓の上にある小さな臓器「副腎」は
血圧・血糖・水分・塩分を体内でちょうど良く保つための
大切なホルモンを作って分泌しています。
 
このホルモン(副腎皮質ホルモン)が多過ぎず少な過ぎず
バランス良く出ていることが大事なのですが、
 
副腎皮質ホルモンの中の1つ
「コルチゾール」が過剰に分泌されてしまうことがあり、
それがクッシング症候群です。
 
甲状腺機能低下症と共に
シニア犬の2大ホルモン病だそうです。
 
 
<なぜコルチゾールが過剰に分泌されてしまうのか?>
 
副腎皮質ホルモンの生産・分泌の指令を出しているのは
脳の視床下部・下垂体なのですが、
下垂体に腫瘍ができることで
「もっと作れ〜もっと出せ〜!」と間違った指令が出てしまい
その指令に従った副腎からコルチゾールが過剰に分泌されてしまう、
このパターンが約8割強らしいです。
 
もう1つの原因は、副腎に腫瘍ができることで
コルチゾールを過剰に生産・分泌してしまう、
これが1〜2割ぐらい。
 
↑2つとは別に、ステロイドを長期・多量に投薬すると
発症することがあります。
 
 
<コルチゾールが過剰に分泌されることで起こる症状とは?>
 
●多飲多尿
症例の95%以上で見られるらしいのですが
ジェンは自力で飲水・排尿していないため
正直よくわかりません^^;
 
●多食
これも決まった量しかごはんあげてないから
わからないなぁ・・
 
●左右対称の脱毛
最近出てきました!
 
●お腹の膨らみ、脂肪の移動
で披露した太鼓腹ですね^^;
病気だったか・・
 
●異常なパンティング
ジェンはたぶん神経の問題で
パンティングできないようなので
これもよくわかりません。
 
●急激な筋力低下
当てはまる〜
 
●皮膚が薄くなる、皮膚病
はい、とても薄くなりました(汗)
 
●血栓症
 
 
<クッシング症候群の検査方法>
 
●まず上記の症状↑で疑われる
 
●血液検査
 
クッシング症候群の特徴が現れる項目がいくつかあります。
中でもALPの上昇(ALTの上昇を伴わない)はほぼ起こるそうです。
ジェンは6月からALPが600前後まで上がったままですが
胆石の影響もあるのでALP上昇についてはなんとも言えません。
 
10/11病院の日その2(クッシング症候群疑い)_f0369014_19010794.png
10/11病院の日その2(クッシング症候群疑い)_f0369014_19012028.png
 
●尿検査
 
尿比重が低下(大丈夫でした)
微量の尿蛋白(大丈夫でした)
尿路感染症
(ずっと治らないのはこのせいか・・)
 
●エコー、X線
 
副腎に肥大が見られます。
健康な犬の左副腎はピーナツ型、右はコンマ型。
脳下垂体腫瘍が原因の場合は
両方の副腎が、形は変わらず肥大する。
副腎腫瘍が原因の場合は
片側の副腎が球状に肥大、
もう片側は萎縮していることが多いらしい。
 
ジェンはもともと左右ともに6.3mmぐらい、
今回は左が7.8mm、右が7.1mmと
両方肥大していましたので
おそらく脳下垂体の方だと思われます。
 
副腎腫瘍の場合は、X線で石灰化が見られます。
 
 
これらの検査で怪しいねとなると
内分泌検査で確定させます。
 
●内分泌検査
 
下垂体が出す指令ホルモンを多量に投与して
コルチゾール値がどのぐらい上がるのか調べたり
 
少量のコルチゾールを投与して
副腎が分泌するコルチゾールが減るか調べたり
 
いくつか検査方法があり
それぞれの検査により
下垂体の問題か、副腎の問題か
区別ができるそうです。
 
しかし、この検査、ホルモン量の変化を観察するため
病院に半日とか1日預けなくていけません。
 
今のジェンにはまずそれが不可能なので
検査をしないことに決めました。
 
 
<クッシング症候群の治療法>
 
基本的に完治は難しく
症状をコントロールして付き合っていくようです。
 
●下垂体腫瘍の場合
 
投薬が第一選択。
コルチゾールが過剰に分泌されている状態というのは
ステロイドをたくさん飲んでいるのと似たような状態で、
食欲とか元気がとてもあるのだそうです。
(老犬にとってはある意味メリットでもあります)
 
それを抑える薬になるため
食欲が落ちたり、嘔吐・下痢が起こったり
元気がなくなるという副作用が起こる場合があります。
 
また、薬の適正量が決まるまでに
何度か内分泌検査を繰り返す必要もあり、
ますますジェンにはハードルが高いと感じました。
 
その他、放射線や外科手術という手段もあります。
 
●副腎腫瘍の場合
 
外科手術が第一選択。
 
 
ジェンは内分泌検査をしないので確定ができず
投薬もできません。
 
今のところ、影響が出ているのは
いつまでも治らない尿路感染症と皮膚ですね。
脱毛はだいぶ進んできたように見えます。
ひどいと全部抜けてしまうようで・・。
 
高血圧、糖尿病、甲状腺機能低下症なども併発しやすく、
気をつけていかなければなりません。
 
食事でコントロールできているというワンコもいたので
ジェンも食事改善しようと取り組み始めた矢先の窒息騒ぎ^^;
今はその取り組みもいったん中止。
 
窒息の方は流動食にしてほぼ心配なくなったので
お腹が落ち着いたら、少しでも低脂肪食へと
シフトしたいなぁと考えています。
 
あれもこれもと忙しいね、ジェンちゃんは^^;
  
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-11-14 19:24 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

3週間以上前のことになりますが
10/11の月一診察日の話から。
 
まだ桿菌がいたので
この日は膀胱穿刺で採尿して
培養検査に出す予定でした。

尿の中に菌がいるのか(膀胱炎)
おりものの菌が尿についたのか(膣炎)
判別できないため
尿とおりもの両方を出すつもりだったのですが、
顕微鏡検査でおりものの菌が大量だったのと
膀胱炎らしき傾向が見られなかったので
おりものだけ培養検査へ。
 
そして洗浄をしてもらいました。
血液が流れていないところには抗生剤は効きにくく
洗浄の方が効果があるそうです。
 
10/20
再び洗浄してもらいに行きました。
11日以降、抗生剤はいったんストップしていたのですが、
この日の洗浄では前回より良くなっていました。
 
培養検査の結果は、以前と同じく
オーグメンチンが効く菌がいる
ということでした。
しかし、オーグメンチンを飲んでも
改善されていない事実を考えると、
先生がおっしゃるように
抗生剤が効きにくい場所で洗浄が有効なのだと思われます。
 
と言うわけで、今後抗生剤は飲まず、
週に1回ぐらいの割合で
洗浄で治療していくことになりました。
 
この直後に本当の窒息が始まり
車で病院に連れて行くのが危険になりました。
待合室での待ち時間の間に
窒息しかけたことも1度あり・・。
 
先生と相談して
当面往診で洗浄してもらえることになりました。
ホッと一安心^^
 
先週、先生が処置し始めると
なにすんな!?と文句言ったジェンちゃんです(笑)
かなり長々と言い続けてました^^;
 
 
嫌なことされてるものね^^;
 
10/11病院の日その1(尿路感染症)と主治医の往診【動画】_f0369014_11094603.jpg
 
この日、夕食後に寝ている時にも
うおおおおーん!
昼間のこと覚えてるみたいです(笑)
 
洗浄で良くなるといいね^^
 
 
今後、急病になったり、往診ではできない検査が
必要になることもあると思うので、
念の為、吸引機のシガーライターコードを買いました。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-11-04 14:43 | ジェンの病気・病院 | Comments(6)

初めて理解できたこと

10月23日、家族記念日の日の出来事です。
 
夜中2時に目覚めて「水!」というジェンちゃん。
ここまではいつも通りだったのですが
その後落ち着かず、いくら体勢を変えてもダメで、
3時半に窒息。
 
白い痰の塊が吸引できたのに落ち着かず
4時半に再び窒息。
 
それでも落ち着かず
もう1回来るかと思いましたが、
試しに姿勢サポートクッションに乗せてみたら
うとうとし始め
なんとか回避することができました。
 
朝食の時また窒息。
正しい応急措置や、食事のあげ方など教えてもらおうと
リハビリの先生(看護師さん)に往診をお願いしたら、
主治医の先生とお二人で来てくれました!
 
そして、先生からあったお話は、
 
ジェンちゃんは脳萎縮の影響で
嚥下反射が上手く働かなくなっているため
食事の時うまく飲み込めず窒息している
 
ということでした。
 
でも、これまではごはんを全部食べた後で起こっていたし、
吸引しても出てくるのは痰のみ。
食べ物が出てきたことはありません。
なのに、食べ物が飲み込めてない???
 
先生曰く、
吸引では吸えないもっと奥に食べ物が詰まっているはずで
それがきっかけで窒息を起こしているそうです。
 
これには驚きました。
今まで何度か先生から「飲み込む力が弱ってきている」
と言われてきましたが、
夫も私も、食べ物は飲み込めていると思っていたので
先生のおっしゃる意味がよく分かっていませんでした。
この日、初めて理解できました。
 
現実的には、喉の機能が弱ってきていて
どんなにケアしてもいずれ破綻し
何も飲み込めなくなるそうで、
これから先は看取りの介護になるでしょう、と。
 
えぇ!?
そーなの?
そっかー・・
そうなんだ・・・
 
という感じでした。
 
次の誕生日は迎えられないだろうとは思っていたけど、
窒息さえなければまだまだ元気だし
今年に入り次から次へと起こってきた脳萎縮によるトラブルを
1つ1つ工夫して対処してきたように
今回も頑張ればなんとかなるものだと思っていたんです。
でもどうやらそうはいかないみたい。
 
この時、一番知りたかった
「吸引しても息が戻らなかった時は
近くの病院に駆け込んで心肺蘇生してもらうべき?」
という質問に対しては、
「まず間に合わないし、
その時はもう見送ってあげる時」
と答えをもらいました。
 
そっか・・
 
 
この後、応急処置の確認やケアの仕方を教えていただき、
そして食事は固形は危ないのでリキッド食にするよう言われました。
ドロっとした流動食も喉にくっつきやすいので
もっとサラサラした水に近いものが良いらしいです。
ロイヤルカナンのリキッド食が何種類かあるそうで
病院まで往復して持ってきてくださいました。
本当にありがとうございます。
 
 
先生が帰られた後、また窒息。
午前中にも何度か起こっていたので
原因は食べ物が詰まるだけではなさそうです。
 
1つ心当たりがあったのは、
少し前、尿路感染症でホスミシン(抗生剤)を飲んでいた2週間は
痰が詰まることが少なく、とても平和だったのに、
ホスミシンが切れた後、口腔内環境が悪化して(歯周病のため)
ネバネバがひどくなると同時に
また痰が詰まり始めたことです。
 
昼間、先生にその話をしてホスミシンをまた試したいと言ったら
口の中の状態は確かによくなるけど
痰には効かないと思うし
耐性菌ができてそのうち効かなくなる。
それになにより腎臓が悪くなる。
ということでホスミシンは使わないことになっていました。
 
しかし、この日のように1日に6回も7回も窒息していたら
耐性菌や腎臓の問題が起こる前に
窒素で疲れて死んでしまうだろうと思い、
電話して相談しホスミシンを試してみることに。
夫が仕事帰りに病院に寄って受け取ってくれました。
 
効いている気がします^^
ホスミシンを飲む前は、お水をあげると
お口の中がシュワシュワ泡っぽい音がしていたのが、
今はその音も少なくなり、ネバネバも減りました。
そして何より昨日今日と1回も窒息していません!(嬉)
怪しいタイミングは何度かあり
神経はかなり疲れるけど^^;
実際に窒息に至らないというのがとても嬉しい♪
 
問題は腎臓がいつまでもつか・・
 
次は食事の話を書く予定です。
 
寒かったり暑かったり日替わりなので
ジェンちゃんも厚着をしたり裸族になったり忙しいです^^
 
初めて理解できたこと_f0369014_22322745.jpg
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-10-26 22:42 | ジェンの病気・病院 | Comments(15)

尿路感染症再検査

9/26(木)オーグメンチンを再び飲み始めて
2週間ほど経ったので再検査。
ジェンちゃんなし、おしっこだけ持って行きました。
 
結果はやはり尿の中に桿菌が見られるとのこと。
膀胱の中に菌がいるのか
おりものの菌が尿とともに出ているのか、
おしっことして普通に出した尿では判断できません。
 
いずれにせよ、オーグメンチンが効かなくなってきた様子。
 
少し強めのホスミシンという抗生剤に変更になりました。
これを2週間ちょっと飲んで、
主治医の次の診察日に
膀胱穿刺で採った尿を培養検査に出すことになりました。
 
膀胱炎の尿のにおいは今は全然していないので
おりものの方の問題なのかもしれません。
 
合わない抗生剤を飲むと
胃の具合が著しく悪くなるジェンちゃん、
新しい種類になるたびにドキドキしますが
ホスミシンはどうやら大丈夫みたいです^^
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-09-29 15:14 | ジェンの病気・病院 | Comments(2)

9/13(金)ジェンちゃんの診察予約日でした。
 
 
8/31に膀胱炎の再検査をして
まだ少し菌が残っていることが分かり
オーグメンチン(抗生剤)追加。
 
全部飲み終えたのが9/10なのですが
12日にはまた少しにおいがするおりものが出始め・・。
 
尿検査で、まだ菌が少しいることが分かりました >_<
おりものが多く、そこから尿の方に
菌が混ざっているのかもしれないそうです。
(今は膀胱炎じゃなく膣炎なのかな?)
 
とにかく、またオーグメンチン2週間。
永遠に抜け出せないような気がしてきました(汗)
 
 
おなかの皮膚が剥けたところも手当してもらいました。
私が作った手当パッドは密着が甘く
あまり湿潤療法として効果がなかったので、
きちんと密着できる手当グッズももらいました。
 
 
血液検査はこの間したので血圧だけ。
 
病院の日(尿路感染症他)_f0369014_10443315.png
 
 
それにしても尿路感染症・・・
うーん、困りましたね。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
こちら↓をクリックしていただけるとポイントが入ります。
1日1クリック応援よろしくお願いします!

by hamasumi-life | 2019-09-16 11:25 | ジェンの病気・病院 | Comments(0)